三月三日の雛祭りに近づくと

雛人形などの準備をじめますよね。

女の子なら誰もがウキウキする特別な日なはずです。

ですが、雛人形は子供が何歳になるまで

飾るのが良いのでしょうか?

親から見れば子供はいつまでも子供だし

いつまでも一緒に祝いたいものですが

実際にはどのぐらいの年齢を目安に

飾ってあげればいいのかをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

雛祭り、雛人形の意味とは?

3月3日になると雛祭りだーと

テレビやスーパー、子供達は賑わいますが

実際に雛祭りがなにか、

雛人形はなんのために飾るのかをご存知ですか?

意味を知っているとより雛祭りを楽しめるので

まずは、雛祭りと雛人形な意味をご紹介します。

雛祭りの意味

雛祭りには女の子の成長をお祈りすると言う意味があり

菱餅やあられ、白酒、ちらし寿司などの縁起の良いものを用意し

祝う女の子の為の日なんです。

雛人形の意味

雛人形は元々は流し雛といい

川に人形を流して厄払いをするというものでした。

ですが、雛祭りが定着すると職人さんが1つ1つ

丁寧に高価な素材などを使い作る様になった為、

雛人形を川に流さなくなり、家に飾る様になったと言われています。

雛人形には人の厄を身代わりしてくれると言う言い伝えがあり

子供の災難などを代わりに引き受けてくれる

という意味で飾ることが多いようです。

意味を知ると女の子のいる家庭では

必ず雛祭りをお祝いしたほうがいいなぁと

思えますよね。

雛祭りをお祝いしてあげる事で

子供も日本の伝統に触れることができるので

とてもいい機会になります。

雛人形は何歳のいつまで飾る?

雛人形は子供が何歳になるまで飾ったらいいのでしょうか?

自分を思い返してみると意外と小学生ぐらいまでしか

飾っていなかったような気もします。

実際に雛人形を飾る年齢は決まっているのでしょうか?

雛人形を飾る年齢をご紹介します。

雛人形を飾る年齢

雛人形を飾る年齢は実際には決まりはありません。

親からしてみれば我が子はいつまでも子供で、

いつまでも幸せにいて欲しいと

願うのが親心です。

その為、女の子の厄を身代わりになってくれる

雛人形は何歳でも飾っていいのです。

ですが、実際には娘の場合は嫁に行ってしまうことが多いので

嫁に行くまでは雛人形を飾ってあげるという家庭が多いようです。

他にも家から出て自立をする様になったら飾らなくなる、

思春期になって雛人形をやりたがらなくなったから

飾らないなど雛人形を飾らなくなる理由は

家庭によって様々ですが

基本的には何歳まで飾らなくては

いけないという決まりはないので

できる限りは子供の成長と幸せを祈る意味でも

飾ってあげるのが良いと思います。

雛人形を飾る年齢目安

雛人形を飾るのに年齢は関係ないとお話ししましたが

他の家庭では子供が何歳ぐらいまで飾っているのでしょうか?

意外と気になるのでランキング形式でご紹介します。

5位、子供が結婚するまで

4位、子供が自立するまで

3位、中学生まで

2位、小学生高学年まで

1位、小学生低学年まで

 

皆さん意外と飾らなくなるのが

早い傾向にあることがわかりました。

そして、7段飾りの様な大きな物でなくて

お雛様とお内裏様の2人だけの雛人形が多いことがわかりました。

昔の様に広い和室がある家庭が減ってきているので

小さな雛人形を選ぶ傾向がある様です。

学びとまとめ

自分はいつまで飾ってもらっていたかな?

と考えてみると意外と小学生ぐらいまでしか

飾ってもらってなかったなぁーと

思う事もあるのではないでしょうか?

自分の子供の場合は長く飾ってあげたいと

思う方も多いと思います。

子供の幸せを願う為、日本の伝統を伝える為にも

少し長い間雛人形を飾り雛祭りを

お祝いしてみてはいかがですか?

【関連記事】

雛人形いつまでに出す?いつまでに片付ける?の謎

ひな祭りは折り紙で花を立体に!艶やかに祝おう

ひな祭りの折り紙!ぼんぼり( 電気)を作ってみよう

【ヒルナンデス】にぎらずし酢のりがあれば手巻き寿しも簡単!

 

スポンサーリンク