e0bb89b63191247564baee68a94f7ef0_s

夏休み中に、ママたちを悩ませるのは宿題だけではありません。

とくに核家族の両親が共働きの家庭、

働くママの大きな悩みでもある夏休みのお昼ごはん

作り置きや節約なんて無理とあきらめないで

知恵と工夫で乗り切りましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

夏休みのお昼ごはん作り置き

働くママの出勤前、朝の作り置き、

このパターンは多いかもしれませんね。

お昼ご飯を安く済ませる節約方法をご紹介します。

ごはんものメニュー

作り置きの定番で低コストと言えば、

1品で満腹感がえられるなるごはんものでしょう。

朝作って、お皿に盛りラップをかけておくだけで

作り置きはOKです。

  • チャーハン
  • オムライス(ケチャップは子供にかけてもらいます)
  • チキンライス
  • 炊き込みご飯
  • サラダ巻き、太巻き
  • ピラフ
  • グラタン
  • ドリア

丼ものメニュー

ご飯と具は別のお皿に作り置きしておいて、

食べる直前にかけるようにしましょう。

  • 親子丼
  • 牛丼
  • そぼろ丼
  • 中華丼
  • カレー。

麺類メニュー

麺類も1品で済むので比較的安く節約できます。

やっぱり夏は冷やし麺がおいしいですが、

作り置きとしては焼きそばなどがオススメでしょう。

  • 焼きそば
  • 焼きうどん
  • 冷やしそうめん
  • 冷やしうどん
  • ラーメン
  • パスタ

ここで、実験したいことがあります。

朝、そうめんをゆでて冷蔵庫にいれておきます。

昼食時間にこどもが冷蔵庫から取り出したら麺はくっついています。

さあ、そのままつっついたまま食べるでしょうか?

水にさっととおすでしょうか?

水にさっとくぐらすことを知っていたとしても

面倒なのでそのまま食べる子もいるかもしれません。

また、水にくぐらすことをしらずまたゆでなおしする子もいるかもしれません、

ママに相談の電話をする子だっているかもしれないですね。

ちょっと、こどもたちの反応を見て見る事を楽しみながら、

食育をしてみるのも一手ですね。

ただし、食べた後の食器は必ず洗っておくように約束しておきましょう。

粉ものメニュー

やっぱり粉ものは安く節約できますが、

ご飯よりも消化がいいので午後からの腹持ちがちょっと心配です。

  • お好み焼き
  • たこ焼き
  • おやき
  • チヂミ

パン系のメニュー

子供たちも飽きないように週に1回は、

お昼ごはんにパンを取り入れてみはいかがでしょう。

惣菜パンやサンドイッチは持ち運べて便利です。

  • サンドイッチ
  • ハンバーガー
  • チリドッグ風
  • 焼きそばパン
  • ピザトースト

お豆腐メインのメニュー

節約料理といえば、お豆腐がメインのメニュー。

コストはかなり安いですし、栄養だってバッチリです。

  • 豆腐ステーキ
  • 麻婆豆腐
  • 豆腐チャンプルー
  • いり豆腐

インスタント食品や冷凍食品も上手に使おう

長い長い夏休みです。

毎日出勤前の作り置きだって頑張れないときには、

インスタント食品や冷凍食品を利用していきましょう。

冷凍保存できる料理を活用

夕食を多めに作って冷凍しておいてお昼には

チンするだけ

焼くだけ

揚げるだけ

お昼にキッチンに立つ時間が短くなるだけでなく、

お弁当のおかず系にも役立ちます。

  • 餃子
  • ミートソース
  • コロッケ
  • 唐揚げ
  • ハンバーグ
  • 大豆炒り煮
  • ひじきの煮物
  • 切り干し大根の煮物
  • 肉味噌
  • シャケフレーク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

お小遣いをわたす

夏休みこそ、非日常をつきつけられるいい機会です。

金銭感覚をみがかせるために

1週間分の昼食代金をわたしてしまうのもありかもしれません。

今日はどんなものを食べるから、

いくら出費する予定か考えながら数日過ごさなければなりません。

一週間分の食べるリストをつくり、

スーパーでお金のやりとりを考えてみる、

これは自由研究にもなりそうですね。

夏休み自由研究テーマの小学生1,2年生のヒント10選

夏休み小学生の自由研究のテーマ選びとまとめ方のコツ

中学生の夏休み自由研究のまとめ方のポイント

 

子供たちに自炊

日ごろからキッチンで手伝いをさせておくと、

夏休みに本領発揮といくかもしれません。

横でとやかく口出してくるママがいないので

キッチンは使い放題、自分の城です。

卵を焼こうが、ウィンナーを焼こうが、

気分はミニコックさん、

テレビでみたようにソースで

アレンジしてみようか思考はひろがるばかりです。

学びとまとめ

核家庭ではなく、祖父母のいる家庭ならば

昼食の親も子もなにも心配はいりません。

でも、自分たちで乗りきるしかないときは、

子どもたちはとてつもない生きる力を発揮します。

無人島に漂流したら朝から番まであたまの中は、

食べ物のことでいっぱいですからね。

食は生命の基本です、いわば考える力が身につくのも

この”食”からではないでしょうか。

この夏休みに、生きていく力を経験させてみてはどうでしょうか?

【関連記事】

【ヒルナンデス】冷凍食品ハーフ&ハーフパスタはこう使おう

【ヒルナンデス】時短キッチングッズは便利でおしゃれ!

【あさイチ】甘酒カレーは超旨!寒天入れて、時短片づけ?

【あさイチ】冷凍ピラフが和食に?!冷凍食品に魔法をかける?!

 

 

スポンサーリンク