夏になると子供たちの一番の楽しみは、

なんといってもプールに海水浴..と

水遊びが大好きですよね。

幼稚園や保育園では30~40分ほどの決まった時間ですが

家族で海水浴、プールにでかけたときの時間は

ついつい時間が長くなってしまい心配なのは紫外線です。

子供たちの肌を強い紫外線から守ってくれる

ラッシュガードをぜひ水着と一緒に併用しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ラッシュガードとは何か?

ラッシュガードというのは、

もともとはマリンスポーツ用として着用されていました。

サーファーを、クラゲなど危険生物や、

海の底の砂や岩等から守るだけでなく、

ゴム素材がワックスから肌を保護するという理由でも着られていました。

最近ではとても軽く、デザイン性もオシャレになり

幼児用、子供用、女性用、男性用、シニア用と

たくさんの人達が着用するようになりました。

ラッシュガードのメリットとデメリット

メリットは?

  • 紫外線から肌を守り、日焼けをしない
  • 普通の水着より浮力が働く
  • 保温性があるので、長時間水の外に出て濡れて寒く感じることがない
  • 通気性がよく暑くない、乾きやすい
  • 傷から肌を守れる
  • 水にぬれても重くならない

デメリットは?

  • ぬれると脱ぎにくい (自分でお着替えができる年齢でも補助が必要になってくる)
  • 子供が窮屈に感じ嫌がる (ラッシュガードの締めつけ感を嫌がる子供も)
  • 水着より値段が高い

プールなどはTシャツお断りのところとかも多く、

Tシャツなどは着用できない可能性があります。

なんでかというと、浮遊性がないから危ないからです。

なので、海でも同様、浮遊性がないので、

泳いだりするのであれば危険だし、身体も重たく感じます。

ラッシュガードは子供に必要か?

最近の紫外線は強いので、まだ皮膚が薄くて

肌が大人程強くない幼い子の日焼け対策にはとてもおすすめです。

水中は皮膚が水を含んで普段より柔らかくなるので、

障害物に軽く当たっただけでも

深いスリ傷になってしまうこともありますので、

ケガなどから肌をも守る役目にもなります。

夏はお家でレジャープールを出したり、BBQをしたりと

長い時間、強い日差しの中にいる機会も多いと思いますが、

そんなときもラッシュガードは活躍してくれます。

通気性がいいので乾きも早く、暑さも感じにくいです。

日焼けをさせたくない!といって完全防備の対策は難しいものです、

絶対に必要というわけではないですがあったらとてつもなく便利です。

ラッシュガード選びのポイント

紫外線カット率

日焼け止めなどのSPF表示と同じように

衣類の紫外線カット率はUPFと表記されます。

UPFは50+が一番効果が高いので購入の目安にしましょう。

UPFの記載がないものでも、一般的にラッシュガードは

UVカット加工されているものが多いので、十分効果はあります。

UVカット率

肩や背中など日焼けしたあとは、

ヒリヒリして眠れない、悪化して皮膚科へ受診…

なんてことにならないようにカット率は95%以上が望ましいでしょう。

もし、お手持ちの子供用ラッシュガードが95%以下ならば

ラッシュガードの下に念のため

日焼け止めを塗って対策するといいでしょう。

ジッパータイプ、フード付きラッシュガード

ジッパータイプ、フード付きのラッシュガードを選ぶ方も多いですが、

泳ぐならば、水にはいったときに危険なのでおすすめできません。

ジッパータイプは、着脱しやすいですが、

がっつり泳ぐ場合、水中ではフード付きは大変危険で、

ジッパーは肌が擦れて傷を負う原因になるからです。

ただし、ビニールプールで遊ぶ程度の普段使い目的なら

全然気にしないでいいでしょう。

素材選び

最近は速乾性、吸汗性、UV対策と

高機能をうたった薄手のラッシュガードが多いですが、

ポリエステルのほかに綿が2,3割ふくまれている素材は避けておきましょう。

泳ぐには適さず、ビーチでTシャツをはおる程度の活用になると思います。

選ぶならばサーフブランドなどが安心ですね。

 


★新入荷Newカラー多数★ラッシュガード レディース 【土日祝も当日出荷】 UVカット パーカー 水着 体型カバー メンズ キッズ の サーフパンツ や UV トレンカ 長袖 大きいサイズ ラッシュパーカー UVパーカー の専門店 リンネ

 

ラッシュガード サイズの選び方

ラッシュガードは水着と同じ生地になるので、

基本的に体にフィットします。

がっつり泳ぐならば

海やプールでがっつり泳ぐならば、フードやジッパーなくて

身体にフィットするタイプがおすすめです。

泳げる年齢だったら、ゆったりタイプだと身体とラッシュの間に、

水が入って非常に泳ぎにく危険です。

着替え時は窮屈に感じますが、水中に入ってしまえば楽に感じます。

泳がないならば

泳がないベイビーや、水遊び程度ならば

ゆったりサイズのラッシュガードは便利です。

ジッパータイプは着脱しやすいので手軽に羽織れる、

フード付きは首や髪の日焼け防止になりますし、

日常のお出かけに便利です。

サイズは大きめを選んでおけば大丈夫でしょう。

ベビーのサイズは悩むところではありますが、

80なら100、

100なら120にしますと、

2年は十分着られるかと思いますよ。

 


【スーパーSALEクーポン配布中】【2017年新カラー】アイプレイ ラッシュガード ベビー 子供用 半袖 長袖 無地 紫外線対策

 

どっちの用途でも使いそうだったら、

思い切って2着持ち使いこなしましょう。

 


ラッシュガード キッズ 【土日祝も当日出荷】【全色UVカット率99%】【返品保証30日間 】UVカット パーカー 水着 体型カバー レディース メンズ の サーフパンツ や UV トレンカ 子供 女の子 男の子 ラッシュパーカー UVパーカー の専門店 リンネ

 


ラッシュガード キッズ 【土日祝も当日出荷】【全色UVカット率99%】【返品保証30日間 】UVカット 水着 体型カバー レディース メンズ の サーフパンツ や UV トレンカ 子供 女の子 男の子 フードなし フード無し ラッシュガード の専門店 リンネ

 

ラッシュガード色の選び方のポイント

色は白や薄い色は紫外線が透けるものもあるので、

なるべく濃い方をおすすめします。

色選び以上に、大切なことは単色カラーを選ぶことです。

色に違いによっての日焼けのムラになってしまうこともあるので、

すこし念頭においておくといいでしょう。

学びとまとめ

小学生になるとラッシュガードの着用はグッ減りますので

未就学時期のものになるかと思います。

嫌がる前にBABY時期から着せておくと

スムーズにいけていいかもしれません。

例えば普段のちょっとした外出でも、

わざわざ日焼け止め塗るのは面倒なので便利かもしれませんね。

園などの短い時間であったり、屋内プールでは不要でありますが、

海水浴、大型プールなど強い紫外線を

長時間浴びることになるので必要だと思います。

【関連記事】

水泳の効果は子供の脳を発達?小学生習い事ランキング男女1位!

熱中症対策ドリンクのおすすめ!小学生でもわかる症状と対処法

夏休み家族旅行でおすすめの東京ドームシティはみんなが大満足

子供の頭がいつも汗臭いのはなぜ?でも対策はいたってシンプル!

 

 

スポンサーリンク