d18a87c2d3c3657a5f0ab50583e92013_s

みなさんはお子様と飛行機に乗られたことはありますか?

初めての飛行機だと特にお子様への体調管理などケアを心配されるお母さんも多いでしょう。

心配される理由としてよく聞くのが飛行機に乗ったときに、耳が痛くなってしまうことです。

この現象はもちろん、お子様に関係なく大人でも生じる現象です。

経験されたことは分かるかもしれませんが、

感覚としてはボワーッと耳の中に空気が入り込んで,

脳みそがぎゅうーと圧迫されているような感覚でしょうか、

さらに、個人差はありますがだんだんと痛みが生じることもあります。

耳抜きをしても上手く抜けずに痛みが悪化してしまい、

最終的には体調を崩すケースもあります。

これでは、せっかくの旅行も楽しめず残念ですよね。

そこで今回は飛行機で耳抜きをするときに上手にできる方法や

痛みが生じたときの対処法などについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

なぜ飛行機に乗ると耳が痛くなるのか?

そもそも飛行機に乗ると耳が痛くなってしまう理由からですが、

1度飛行機に乗られた事がある方なら分かりやすいかもしれませんが飛行機というのは、

基本的に空中を激しく上昇しては下降して、また上昇して下降を繰り返します。

ということはそれに伴って気圧も激しく変化してしまうのです。

気圧が激しく変化してしまうと、人間の体はどうなるのでしょうか?

気圧が変化をしてしまうと中耳という耳の鼓膜の奥にある部分を指すのですが、

その中耳にたまっている空気が気圧の変化により膨張することで痛みが生じます。

また膨張してしまった分、

また収縮するのが特徴で膨張して収縮をするときに

耳間という細い菅が耳管鼻側に向かって一気に開こうとします。

開こうとすることで耳の中と外の圧が等しくなり耳の痛さも治まります。

耳が痛くなったときの対策や対処法は

小さいお子様や赤ちゃんの場合は特に大人とは違ってまだまだ耳の中の構造が小さいです。

耳の中の構造が小さいことで大人よりも空気が出入りがしくく通りにくい為に

より痛さを感じてしまいます。

 

ガムや飴を食べる

飛行機に乗られて、痛さを感じてしまったときは、

まずガムや飴など簡単に口に出来るものを食べさせて様子を見てみてください。

大事なことはしっかりと口を動かし喉に食べ物を通すということです。

 

唾をのみこむ

またその他には唾をのみ込むという方法もよく聞きます。

これは大人でも対策としてやっているかたは多いかと思います。

二度三度唾をのみこんでも効果がないときは、

飲み物を飲んだり、あくびをしてみても良いでしょう。

 

子ども特有の対策

ちなみに私の子どもたちの場合は飛行機に乗る時間をしっかりと把握しといて、

その時間に合わせてお昼寝をさせていました。

いつものお昼寝している時間をずらしてあげれば

意外と飛行機でもぐっすり寝てくれて耳の痛さを訴えることも無かったですよ。

 

スポンサーリンク

 

耳抜きを上手にするやり方とは?

では、上記の方法でも耳抜きが出来なくて

どうしても耳が痛い場合はどうしたら良いのでしょうか?

バルサルバ法

別の方法として、バルサルバ法という耳抜きをする方法があります。

やり方

まず初めに鼻を少し強くつまんでからそっと目を閉じてください。

目を閉じたら優しくスッーと何秒間か息を吐き続けましょう。

慣れないうちは少し難しいかもしれませんが、慣れてくると案外簡単です。

この工程を数回にわたり実践していくと

だんどん気圧の変化に慣れてきて自然と耳が痛くなります。

 

中には飴やガムなどの方法より、

このバルサルバ方を取り入れた方がすんなり耳抜き出来たという事も耳にしますので、

ぜひ試してみてくださいね。

学びとまとめ

今回はお子様が飛行機に乗られるときの耳抜きの方法についてまとめてみました。

耳抜きをするにもやはり個人差があります。

飛行機に乗っても対して耳が痛くならない子や、

飴やガムを口に含むだけでピタッと痛みが和らぐ子などと本当に様々です。

耳抜きには色々な方法がありますのでその都度試して頂いて

1番我が子に合う方法を見つけてあげることを最大の攻略ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク