331009

水泳の授業が始まる時期になると、

目薬を指す子供が多くなります。

あなたはいつも、子供にどのように目薬をさしていますか?

目薬を使う注意点はシンプルですが、

粘膜に使う目薬を間違った使いかたをすると

目を傷つけてしまうことが多いなか、

なかなか守れない子どもが多いので注意しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

目薬の使用前の注意点

肝心の目薬の効果が十分に発揮されるように

正しい目薬のさし方を理解しておきましょう。

汚れた手で触らない

目薬を触る前にまず手を石鹸でよく洗い、

汚れた手や指で目薬の容器の先に触れて

汚染されることがないようにしましょう。

 

容器キャップの置きかた

目薬容器から取り外したキャップを

汚染防止のためにどこにでも安易に置かずに

清潔なところに置くことも注意します。

共有・貸し借りしない

よくやりがちなことですが、

他人や家族と目薬を共有したり

貸し借りはやめましょう。

目薬のさし方

両手でも片手でも、下まぶたを軽く引いて、

目薬を目の中に確実に入れます。

目薬が流れ出ていかないように、

しばらくまぶたを閉じるか、目頭を軽く押さえます。

目薬が流れ出ていってしまうと薬の効果が発揮できなくなってしまいます。

あふれ出た目薬は清潔なガーゼやティッシュで拭き取ります。

2種類以上の目薬をさす場合

 

2種類以上の複数の目薬をさす場合は、

しばらく間隔をあけてからにしましょう。

間隔をあけないと先にさした目薬が、

次にさした目薬によって流されてしまうので、

数分程度あけるといいでしょう。

目薬を上手にさすコツ

目薬が上手にさせないときは、

土台を作りましょう。

目薬土台の作り方

  1. できるなら利き手で目薬容器を持つ
  2. 反対側の手でげんこつを作り土台にしてさす方法があります。

目のしたの部分にさす

目薬と黒目に落とそうとすると、

反射的に怖いと思って目をつむってしまいます。

一番いいのは、

あっかんべーをしたときに

露出する目のしたの部分に落とすことです。

落ちてくる目薬が見えないので、

反射的に目をつむる心配がありません。

まばたきをすると

目頭から体内のほうに流れていってしまい、効果がありません。

差した後は、2~3分テッシュなどで

目頭を押さえるように目にとどまらせてください。

眼球に直接目薬をつけない、

目薬が眼球から汚れを吸い上げてしまい、

薬液が汚れてしまいます。

  1. 片手で握りこぶしを作り、目の下におく
  2. その手をしたに向けて引っ張る
  3. もう片方の手で目薬を持ち、握りこぶしの上から目薬を落とす

目薬の使用期限

開栓後は冷蔵庫で保存し、1~2週間を目安に使い切りましょう。

容器の先が目やまつげについたりしていませんか?

目薬をさした後、目をパチパチしたりしていませんか?

回数や滴数を守っていますか?

赤ちゃんへのコツ

寝ているときが一番差しやすいです。

寝ている赤ちゃんの目頭に、そっと目薬を垂らし、

ほんの少し瞼を開くと、目薬が目の中に入ります。

泣いているときに目薬をさしても、

涙と一緒に流れてしまいますので、

寝ているときに一瞬でササッとしてしまいましょう。

子どもへの基本的な差し方

ちょうど、歯磨きをする感じで仰向きに寝かせ、

両足の太ももの間で頭を挟むように固定して差しましょう。

握りこぶしで下まぶたを引っ張り、黒目ではなく、

目の下のほうに目薬を垂らします。

差したあとは、まばたきをせずに

テッシュやハンカチで目頭をおさえ、

薬液が目に残るようにします。

嫌がる子どもへの差し方

目を閉じた状態で、目がしらに点眼したあと、

目をパチパチすると全体に目薬がいきわたります。

最初は、目をつぶってもらって低い位置から目がしらに

そっと置くように目薬を差すことがポイントです。

よくある勘違い

目薬が目からあふれてしまい効果がないからと、

何度も差しなおしてしまうことは実は勘違いなんです。

1滴でもしっかりと目に落ちたうえで

あふれているのであれば問題ありません。

実は目薬の1滴は結膜が受けられる量より

多く設計されているので

あふれてしまうのは当然なのです。

1滴で効くように目薬は作られていますので、

液が目の表面に行き渡れば十分なのです。

学びとまとめ

正しい目薬の指し方はとても大切ですね。

充血程度なら生理食塩水の目薬で十分です。

染みないので、子どもにも使いやすいと思います。

目の痛みや視界不良があったら、専門家に相談してください。

【関連記事】

【子供の虫歯予防】フッ素の真実とは?!歯を守るのはママの役目

子供の爪がでこぼこの原因は?対処法についても紹介!

子ども身長が低いことが気になったら低身長症かもしれない?

【あさイチ】片頭痛は子供にも!体操で予防できる?

 

 

スポンサーリンク