4c9f8da505c7fc2f19331fa6eb9ed051_s

秋と言えばやっぱり、食欲の秋ですよね?

かぼちゃにさつまいも、さんまに、かき!そして、何と言っても松茸です。

焼いた時のあの香り〜、ひとくち口に入れた時のあのセレブな感じ、やっぱり秋には一回は食べたいですよね。

お家で調理した時に失敗は絶対にしたくないですよね?

そこで、今回は松茸の美味しい焼き方についてご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

松茸をグリルで焼く方法

松茸をグリルで簡単に美味しく焼く方法をお伝えします。

グリルで焼く場合は火力が強すぎてしまいせっかく美味しい松茸の水分が飛んでしまうので、

そのままグリルで焼くのはあまりオススメしません。

そこで、グリルを使う場合は、次のようにするととても美味しくグリルでも松茸を焼く事ができます。

1.いしづきの処理

いしづきを処理する時は鉛筆をカッターなどで削る時のように処理するのがいいと思います。

2.松茸の汚れをペーパーなどで丁寧にふきとる

この時に力強く擦ってしまうと松茸がささくれのようになってしまうので優しい汚れを取り除きましょう。

3.松茸を2〜4頭分に切る

切らずに焼くと中の芯まで焼くのに時間がかかりせっかくの松茸の旨みが逃げてしまうので、
2〜4頭分に切って短い時間で焼いたほうが松茸の旨みをぎゅっと凝縮して食べれます。

4.切った松茸をアルミホイルで包む

アルミホイルで包む事によりグリルでも水分、旨みを飛ばしてしまうのを防いでくれます。

5.グリルに入れる

焼き時間は松茸の大きさによって異なりますが、松茸からジュワッと汁が出るぐらいが食べごろです!

6.もちろんそのまま食べても美味しいですが、ポン酢、すだち、塩など
お好みの調味料をつけて食べても美味しく食べられます。

お伝えしたようにグリルで松茸を焼く場合は

アルミホイルで蒸し焼きにするのが美味しい焼きマツタケを作る焼き方のオススメです。

網で焼くような香ばしい感じはありませんが、

アルミホイルで蒸し焼きにする事で松茸の水分が飛ばず旨みが凝縮した松茸が食べられます。

ホクホクの松茸をぜひ一度ご賞味ください。

 

スポンサーリンク

 

松茸を網で焼く方法

次に松茸を網で美味しく焼く方法です。

網で焼いた松茸は香ばしくて焼いている間のにおいだけでも満足してしまいそうですよね。

でも、網で焼く場合は焼きすぎてしまいパサパサの松茸になってしまい残念な結果になってしまう事があるので気をつけましょう。

あみで焼く場合の焼き方。

1.いしづきの処理

いしづきを処理する時は鉛筆をカッターなどで削る時のように処理するのがいいと思います。

(ここまではグリルで焼く時と一緒です)

2.松茸の汚れをペーパーなどで
丁寧にとっていきます。

(ここまではグリルで焼く時と一緒です)

この時に力強く擦ってしまうと松茸がささくれのようになってしまうので優しい汚れを取り除きましょう。

グリルで焼き方が、違うのはここからです。

 

3.松茸を2つに裂きましょう。

あみで焼く場合は細かく裂きすぎず2つに裂きましょう。

4.松茸に少量の調理酒を振りかけましょう。

こうする事によって松茸の旨みをさらに楽しめます。

5.熱く熱した網で焼きます。

転がしながら焼いていくと均等に火が通り美味しく仕上がります。

6.松茸から汁が出てきたら食べごろサインです。

この時に焼きすぎてしまうとパサパサの残念松茸になってしまうので注意しましょう!

7.最後に焼きあがった松茸を食べやすいように裂きましょう。

先に咲いてしまうのではなく焼いた後に裂く事によって香ばしさが倍増します。

あみで焼く場合には火加減、焼き加減がとても大事になるのでしっかり、松茸を見張りましょう。

松茸の美味しい食べ方は?

グリルやあみで豪快に焼く以外にも美味しさを少しずつ楽しみたいという方は、

・松茸ご飯
・茶碗蒸し
・お吸い物

など、香りの立つ食べ方で食べてもとても美味しく頂けます。

秋は本当に食べ物がおいしくて幸せですよね。

学びとまとめ

ここでグリルと網の違いをまとめてみたいと思います。

グリルはしっとりとジューシーに松茸の味を楽しめます。

網の場合は香ばしくて香り高く松茸を食べられます?

あなたはグリル派ですか?網派ですか?

どちらも美味しいので試してみてください。

【関連記事】

新米の時期は?炊き方ではずせない3つのポイント

 

スポンサーリンク