309793

今日のあさイチの放送で

マタニティマークをつける妊婦さんが

気をつかいすぎていると話題になっていました。

いったいいつから妊婦さんがおなかに赤ちゃんがいることを、

申し訳なく思う世の中になってしまったのか?

いつからいつから妊婦さんと赤ちゃんを守る社会から、

妊婦さんが嫌がらせを受ける危険な世の中に

なってしまったのでしょうか?

愕然とする気持ちとともに、悲しい気持ちになってします。

その背景には、SNSでの簡単に自由な発信ができてしまうことにあったようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

マタニティマーク

マタニティマークってどんなもの?

女性が妊娠していること、

おなかに赤ちゃんを宿していることを周囲に知らせるために

妊婦がかばんなどに身につけるマークのことをいいます。

マタニティマークが入ったキーホルダーや、

携帯ストラップ、バッジ、シールなど多彩にありましたが、

そういえば最近あまり見かけなくなりました。

マタニティマークの必要性

妊婦さんがこのマタニティマークを身につけることで、

まだ外見上に妊婦だとわかりにくい妊娠初期の時期は、

母子ともに不安定な状態です。

電車やバスなどを優先的に譲るという配慮はもちろん、

受動喫煙を防止するだけでなく、

万が一事故などで病院に搬送されたときに、

母体への処置がかわってくるという

いざというときの重要な役目もあるのです。

委縮してしまう妊婦たち

妊娠して申し訳ない

妊娠して会社に申し訳ない…

電車優先席を譲ってもらって申し訳ない…

何か嫌がらせをうけると危険だから…

本来は、妊娠していることで周囲に配慮をもとめるべきものなのに、

ここまで妊婦さんが申し訳ない気持ちになっているのでは

まさに本末転倒です。

 

あさイチでは、ごく一部の方が、

マタニティマークをつけていることで

公共交通機関の優先席で暴言をはかれたことを

ネットで発信したことが拡散されたことなどを

理由としてあげていました。

 

かなり少数派の意見であっても、

悪い話はすぐ広まってしまうのが、

SNSが浸透している今の時代の怖さですよね。

病院でもマタニティマークを避ける

母子手帳と一緒に自治体から配布はされたり、

妊婦向けの雑誌で付録として提供されてきた

マタニティマークですが、

なんと驚くことに、病院でも、

マタニティマークは危険だから身につけないようにと

指導されていました。

 

妊婦のトラブルが多いので、

公に身につけず、具合が悪くなったときなど、

やむを得ない場合のみ提示すようにと

指導されていました。

万が一妊婦さんが外出先で倒れ気を失った状態だった時、

裏面に産院名や連絡先が書いてあるのと、

ないのとでは対応する人はどれくらい対処が

違うと思いませんか?

もしかしたら、尊い命さえも左右することになりかねません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

不妊治療中のマタニティーマーク

不妊治療中にマタニティマークをつけている女性をみると、

とても不快に感じたり、イライラしてしまうという意見も

ネット上にはたくさんあるようです。

また、そのような意見があるので

妊婦さんは申し訳ないような気持ちになってしまい

マタニティマークを避ける傾向があるようです。

不妊に悩んでいる方には目にするのも嫌なマタニティまーくかもしれませんが、

そういう方こそ待望の赤ちゃんを授かったときには、

しっかりと新しい命を守るためにもマークを付けるべきだと思います。

ネットの批判

10年前は母子手帳と同じくらいマタニティマークが幸せマークとして

定着しつつあったかのように思いますが、

ごく一部でネット上に批判的な書き込みがあることで、

このように危険なマークとなってしまい、

妊婦さんが委縮してしまう社会になってしまうんですね

ごく1部だけの批判

番組でも紹介されていましたが、

批判的な書き込みをする人が全体の1%にすぎないとのことです。

そのような書き込みができるひとは、直接面とむかって言えず、

自分から遠い存在だから書き込めるという気弱な人だと思います。

また日頃のストレスのうっぷんをはらしていることもあるでしょう。

不満を簡単に発信できるような世の中になってしまったので、

自分と違う考え方の人に対して敏感で

異論の人がいてあたりまえだということを

理解していなくてはならないと思います。

マタニティマークの義務化

マタニティマークは車の若葉マークのように

義務化してもいいと常々思っているくらい

妊婦さんとおなかの赤ちゃんを

社会全体が財産として守っていく世のなかであってほしいと思います。

母乳をあたえるのはママだけです、

惜しみない無償の愛情を与えられるのも

また両親以外には存在しません。

しかし、新しい命をつぎの世代にひきつぐためには、

妊婦、出産、育児、ここは、だれも無関係であってはならないと、

ましては攻撃的になどならないでほしいです。

学びとまとめ

マタニティマークを不快にかんじるひとは、

不妊に悩んでいる人ばかりではありません。

社会全体で、妊婦さんが委縮してしまう世の中になっていることが悲しいです。

マタニティマークの妊婦さんの心情をはなしているうちに、

ひとたび出産して母親となったときに、

またいろんな情報がとびかい惑わされ苦悩が続くことでしょう。

大切なことは、自分にとって必要な情報とそうでない情報をしっかり見極めて

受け止めていくということではないでしょうか。

【関連記事】

ママ友トラブルを避ける小学校時の対策法5選と好かれるコツ10選

ママ友ライングループのトラブルを避ける最善策はコレ

ママ友になりたくない疲れる人ってこういう人!対処法

 

 

スポンサーリンク