04bd7f6050befa0f88f8b9d8af6ee7a1_s

 

最近では男性も爪にオシャレをするほど爪に関しての美意識が高まっている時代ですね。

みなさんも今までに1度は爪にマニキュアを塗った経験はあるんではないでしょうか?

購入するときにでもマニキュアに除光液にと揃えられると思いますがまさにその除光液!

除光液がなくて代わりにエタノールやアルコールでマニキュアを落とした経験はありますか?

そこで今日は除光液の代わりに裏技として、

エタノールやアルコールでマニキュアを落としても大丈夫かどうかを紐解いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

除光液とは?

本来、除光液というのは塗ったマニキュアを落とす溶剤のことをいいます。

または別名で、エナメルリムーバーともよばれることがあります。

一般的に多くの除光液にはアセトンという有機化合物が含まれています。

これが油脂を溶かす働きを持っており使用する際には、

しっかりと換気の行き届いた所で使用するのをオススメしています。

またボトル入りのタイプもあり、まず液体をコットンなどに含ませておいてマニキュアを落としますが、

簡単に落とせるシートに除光液を含ませてあるタイプもあります。

他にも除光液というのは通常ツーンと鼻につく独特の匂いがします。

その匂いを取り除けるタイプもありそれがアセトンフリーの除光液といいます。

これはフローラルな香りがするのが特徴で特に爪が白くなるといったことも無く大変人気です。

除光液にも色々なタイプがあるのでご自身に合う除光液を探してお気に入りのタイプを見つけましょう。

裏技でエタノールやアルコールを代用しても大丈夫?

さて、こここらが本題です。

気がついたら除光液が無い!

というあなたに、裏技でエタノールやアルコールを代用しても大丈夫かという点ですが…

ズバリ!代用しても大丈夫なんです。

特にアルコールの方についてはアセトンと同じ油脂を溶かすという特徴がありますので、

除光液の代用品としては一般的です。

ただアルコールで落とすときですが、

スルッと簡単に落とせるものではなく少々時間がかかるのがデメリットです。

コットンにアルコールを浸してから爪にしっかりとパックし、ふやけるのを待たないといけません。

また、なかなかふやけずに時間がかかってしまう為、急いでマニキュアを落としたい!

という時には不向きだと思われます。

除光液は臭いがきついものが多いですよね。

部屋の中に臭いが残ってしまい除光液を使いたくないという時には

アルコールやエタノールで除光液の代わりとして使用することも、もちろん可能です。

家に除光液がない時にアルコールやエタノールが常備してあったら1度試しに使ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

エタノールやアルコールも無い場合の代用品は?

マニキュアを落としたい時に除光液もエタノール、アルコールも無い場合ですが、

他にも代用品があるのをご存知でしょうか?

マニキュアを塗る時にベースコートやトップコートを使うこともありますよね?

ここで裏技です!

ベースコートやトップコートを塗って乾く前にコットンやティッシュペーパーで擦り取る方法があります。

ただし、この方法はあくまでも緊急処置ということをお忘れ無く。この方法である程度剥がし取ってから、

ぬるま湯などでしっかりと浸しながら落とすようにしたほうがよいですね。

ちなみにこのやり方でマニキュアを落としてしまうと、爪の表面が傷んでしまう可能性もあります。

落とした後はしっかりとネイル用のクリームやオイルを塗り込んでアフターケアを心掛けて下さいね。

学びまとめ

除光液についての学びと裏技でエタノール、

アルコールを代用として大丈夫かどうかまた、

エタノールやアルコールもない場合の代用品についてお話しさせて頂きました。

こうしてみると除光液意外にも代用品として使えるものがあるなんてびっくりですよね。

除光液がなくてマニキュアが剥がせない!

とお困りだったあなたには嬉しい内容だったのではないでしょうか?

わたしも何度か除光液がなくて代わりにエタノールでマニキュアを落とした経験があります。

初めは半信半疑でしたがこれが意外と落ちるからまた不思議!

まだ一度も試されていない方は騙されたと思って活用してみてくださいね。

【関連記事】

ジェルネイルの補修方法のコツはトップコートの使い方

 

スポンサーリンク