2月1日水曜日放送のためしてガッテンで

家庭で作るとなるとよく失敗しがちな巻きずしを

簡単に巻けてしまうコツは、

いままでの常識をくつがえるような秘訣でした。

毎年節分に巻きずしを食べる習慣が根付いたので、

今年は自家製巻きずしはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

ありがちな素人の太巻き

巻きずしは、華やかでお祝い料理で

おもてなしとしてよく振舞われますが、

太巻きは出来た後で仕上がりに

帳尻を合わすことができません、

家庭で作るとなるとよく失敗しがちな例をあげてみました。

  • 断面で見ると具が真ん中にきてなかった
  • ぎゅっぎゅっと力強く巻きすぎてごはんがつぶれてしまう
  • 具材と具材のあいだにすき間ができて崩れる
  • 中の具材がゆるくて食べると崩れる
  • 具のまわりのごはんがたかくて美味しくない

巻きすを使わない巻きずし

巻き寿しには巻きすを使うことが常識と考えられていますが、

実はこの巻きすに失敗の要因がありました。

巻きすの決定的な弱点

巻きすは意外と素人には難しいアイテム、

巻きすを離すときに具を抑えていた指まで

離してしまいます。

海苔を半分

巻きすは、大きな海苔を巻くときに

均等に力を入れるために必要なアイテムなので、

海苔を半分にすれば力も半分ですむので

プロの巻きずしにあるごはんのぎゅっと感に近づけると

いうことで海苔を半分に切って巻き寿司を作ってみましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

失敗知らずの簡単巻きずし

半分サイズの海苔を使って、

具を重ねる順番は、固い具を下にしましょう。

クッキングシート

巻きすを使わずにそのまま手でグルグル巻いていき、

クッキングシートで包んで帯をしめるように

きゅっきゅっと引っ張って仕上げます。

濡れフキンで包丁をぬらして、ジグザグに包丁の刃を動かせば

きれいな断面の巻きずしにカットできます。

学びとまとめ

プロのような巻きすのスキルを磨くよりは、

海苔を半分に切って、

クッキングシートで仕上げればプロの巻き寿しと

変わらずに仕上げることができますので、

ぜひチャレンジしてみましょう。

【関連記事】

【ヒルナンデス】にぎらずし酢のりがあれば手巻き寿しも簡単!

 

スポンサーリンク