1月23日放送のあさイチでは

みんなが悩まされる口内炎の予防や対策の

特集がありました。

口内炎の予防から、早く治す方法

薬の使い方まで役立つ情報をお届けします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

口内炎とは

口内炎とは、口の中の粘膜に起きた炎症をいいます。

冷たいものや熱いものを食べて口のなかの粘膜に傷がついたり、

口の中が乾くことで荒れたり、

ストレスや免疫力の低下が原因とされていることもあり

原因は様々となります。

口内炎の種類

口内炎にはいくつかの種類があります。

アフタ性口内炎、ウイルス性口内炎、カタル性口内炎他

いくつか種類がありますが、

一般的に私たちがよく見る丸い白い潰瘍はアフタ性口内炎で

一般的に私たちがよく見る丸い白い潰瘍は、

白血球が細菌とたたかったあとになります。

口内炎ができる原因

疲れがたまると免疫機能が低下しますし、

ストレスをかんじると唾液の量がへるので口内炎ができやすい

状態となります。

繰り返しできることも多々あります。

口内炎の薬

口内炎でできた部位でどのように

使え分けたらいいでしょうか。

よく口内炎の薬は、唾液で流されるので効果が少ないのでは

と心配されますが、添付しても1時間くらいは持続するで

その間には浸透してくれるので効果はあります。

ぬりぐすり

口内炎が広い範囲わたっているときに

適しています。

直に素手で塗らないで

綿棒などで添付しましょう。

スプレー

広い範囲の口内炎や、

届きにくい喉の奥や、患部が痛くて触れないときなど

スプレータイプがおすすめです。

パッチタイプ

口内炎が1個だけ限定している部位であったり、

特に口の下で炎症ができた場合には

パッチも剥がれにくいので適しているでしょう。

口内炎の薬

 塗り方の手順

  1. 薬を添付する前にまずうがいをして、口のなかを清潔にしましょう。
  2. 脱脂綿などのやわらいもので患部の余計な水分をふきとります。
  3. 衛生上の目的で綿棒などを使って間接的に患部の周辺から塗っていきます。
  4. 最後に患部の上からかぶせるように塗ります。

口内炎の予防法

口内炎を予防する4つの予防法があります。

基本は、口内炎の予防というより、

健康としては基本になることです。

唾液マッサージ

親指であごのほねの内側を押しながら、

耳の前(耳下腺があります)をマッサージ

うがい

口の中を清潔な状態にして、最近を洗い流す

水道水でじゅうぶんですし、寝る前も効果的です。

水分補給

水分が不足すると口の中も乾燥してしまいます。

口内炎のできやすい状態となります。

栄養と睡眠

ビタミンを中心とした栄養をとって、

疲れた時はじゅうぶんな睡眠をとることです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

口内炎のNG

予防していても口内炎ができてしまったら

どのように対処したらいいでしょうか?

はちみつ

昔から口内炎にははちみつという言い伝えがありますが、

これは医学的には適していないので避けましょう。

口内炎とこわい病気

長年口内炎に悩まされている方は、

違う病気も考えられますので、放置はできません。

口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)

この病気は粘膜が赤くはれて一部は変質してしまい

まれにがんに変化してしまうこともあります。

症状

  • 赤い腫れ
  • ただれ
  • 網状の模様
  • 出血
  • 痛み

原因

  • アレルギー遺伝、
  • 自己免疫疾患
  • ストレス

口内炎を軽く見過ごさないように注意しましょう。

口内炎の受診は何科

口内炎ができて2週間以上完治しない場合は

痛くて我慢せずに医療機関に診察にいきましょう。

歯科、口腔外科だけではなく、

耳鼻咽喉科、内科でも診察してもらますので

治療に行きましょう。

学びとまとめ

ストレスをためこまないことはもちろん、

疲れを残さないように

睡眠不足にならないように

日頃の規則だたしい生活で

予防することは大切ですね。

口内炎を軽く見過ごさないように診察に行きましょう。

【関連記事】

【その原因Xにあり】口臭の原因は臭い玉?対策は口の体操?!

【ためしてガッテン】柿ピーで長生き?ピーナッツの健康パワー!

子供の爪がでこぼこの原因は?対処法についても紹介!

【ためしてガッテン】ネギはヌル食べれば病気知らず?!

【その原因Xにあり】口臭の原因は臭い玉?対策は口の体操?!

 

スポンサーリンク