子どものおでかけに必須なのが、水筒ですよね。

よく飲んでよく動いてよく汗をかいてまた飲む。

子どもには常に水分が必要です。

飲むものを入れている水筒ですから、

常に清潔に保ちたいところですが、

水筒によって洗いやすさが違うのでしょうか?

今日は水筒の中でもコップ付きのもので

洗いやすいものの選び方についてお話ししましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コップ付き水筒の洗いやすさのポイント

では、具体的にどんな水筒が洗いやすいのでしょうか?

ポイントをまとめてみました。

ふたをとったら口が広いもの

子ども用水筒にもさまざまな形がありますが、

スポンジ類が入るとしっかり洗うことができます。

最近は便利な水筒洗い用のスポンジなどもありますが、

口の裏あたりのくぼんだところは手洗いじゃないと

なかなか汚れをきれいに落としきるのが難しいです。

水筒内側に継ぎ目がないもの

ステンレス製でもプラスチック製でも同じなのですが、

継ぎ目があると隙間に雑菌がたまります。

毎日洗剤で洗っていても、ほんの少しの隙間から入り込むのが雑菌ですので、

継ぎ目がない水筒を選びましょう。

これは水筒本体だけでなく、コップ部分にも言えることです。

水筒全体を通してあまり継ぎ目の多くないものが良いですね。

パッキンが取れて洗いやすいもの

水筒の汚れで一番気になるのが、パッキンですよね。

パッキンもさっと取れるもので、洗いやすい形のものを選びましょう。

水筒によっては、パッキンを取るのが難しいものもあります。

毎日ハイターするなどして除菌しなくてはならなくなるので、避けましょう。

パッキンなどのパーツが買いなおせるもの

洗いやすさとはちょっと違いますが、

パーツが買いなおせることも購入のポイントです。

本体と違ってパッキンなどのゴムのパーツは

洗っているとどうしても傷んできてしまいます。

傷んだゴムは隙間に雑菌も入り込みやすくなり不衛生ですので、

洗っても汚れが落ちなくなったら買いなおすのが一番です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

水筒を清潔に保つコツ

どんなに洗いやすい水筒を買っても、

水筒をきれいに洗うのはなかなか難しいもの。

水筒を清潔に使い続けるポイントはあるのでしょうか?

専用の道具を買う

水筒を洗う用の長いスポンジを用意しましょう。

100均でも購入できます。

普段はいつもどおりの

食器洗剤と水筒洗い用のスポンジで十分です。

激落ちくんのようなメラミンスポンジも

茶渋の汚れを取るのに向いています。

月に1度程度は漂白できるように、

ハイターのような漂白剤も用意してくださいね。

洗うときにはパーツをきれいに分解してから

ついつい時間がないと洗いながらパーツに分けてしまったりしがちですが、

洗う前にきちんと分解してしまいましょう。

洗い忘れも防げますし、細かいところまできちんと洗いきれます。

洗ったあとにはしっかり乾かす

洗ったあと濡れたまま、次の水やお茶を淹れてしまっていませんか?

雑菌には湿度のあるジメジメとして場所を好むものがいます。

水筒を洗ったあとはしっかりと乾かしてから使うようにしましょう。

食器乾燥機を使う場合には、

パッキンなど熱で傷みやすいパーツは外してからにしましょうね。

学びとまとめ

さて、洗いやすいコップ付き水筒のポイント、

水筒をきれいに保つコツについてお話ししてきました。

いかがでしたか?

子どもが使うものですし、

常にきれいに保つというのは難しいですが、

毎日持って帰って洗うときには、きれいにしてあげたいですね。

コップ付き水筒を清潔に保つことは、食中毒の予防にもなります。

でも、忙しいママたちが毎日丁寧に水筒を洗うのはなかなか難しいですよね。

いろんなポイントを参考にして、

洗いやすくて素敵なコップ付き水筒を見つけてくださいね。

【関連記事】

ステンレス水筒の洗い方 !中栓だって重曹で簡単すっきり

小学生の遠足リュック選びは、3つのポイントをおさせて買い換えいらず

コップ袋の作り方!マチなしも折りマチもこれで簡単解決

コップ袋の作り方!裏地付き切り替え、折りマチはこの手順でOK

 

スポンサーリンク