幼稚園入園が近づいてくると、いろんな入園準備に忙しくなりますね。

名前書きや必要な道具を揃えたり、そんな中でママたちを特に悩ませるのが、

カバン類の手作りではないでしょうか?

実際、私も裁縫はとても苦手で苦労しました。そんなママたちのために、

今日は動画でコップ袋の作り方をご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コップ袋の簡単な作り方

マチなしと、折りマチと2種類のコップ袋の作り方を

ご紹介していきます。

1枚袋で作るコップ袋の作り方

こちらは、オーソドックスで一番簡単なコップ袋の作り方です。

本当に簡単なので、まず手始めにコップ袋から作ってみませんか?

 

準備物

  • ・家庭用ミシン
  • ・糸(ボビンにあらかじめ巻いておく)
  • ・布(柄はできれば上下があまりないもの)縦50cm×横22cmぐらい
  • ・カラー紐50cm
  • ・チャコペンなど印をつけられるもの
  • ・定規
  • ・クリップ(まち針の代わりに)

手順

  1. 布を中表にして半分に折ります。ずれにくいように手でしっかり折り目を押さえておきましょう。折れたらクリップで四方を留めておくとずれにくいですよ。
  2. 次にわっかを下にして上から、1cm、3cm、5cm、8cmのところにチャコペンなどで印をつけます。裏側にも同じように印をつけます。どちらも点を結んで線を引いておくと、縫うときに楽です。
  3. わっかになっているところを下にして、片側をまっすぐ縫っていきます。縫えたら糸を切ります。
  4. もう片側も縫いますが、このとき印をつけた8cmのところから、わっかのある下に向けて縫っていきます。縫い終わったら、8cmの印から上の開いている部分の布を折り返します。折り返した部分の端を縫っていきます。8cmのところまで来たら、重なっている布を開いて垂直に縫い、今度は逆側の開いている部分の端を縫っていきます。間で糸を切らずに縫い切りましょう。
  5. 上から1cmのところで1回折り、さらに3cmのところでもう1回折ります。手でしっかりと折り目をつけ、折った下の端を縫っていきます。
  6. 全部縫えたら中表になっている布をひっくり返して、紐を通せば完成です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スライドゲージを使った簡単コップ袋

こちらは、スライドゲージという道具を使った、

とても簡単な作り方です。

10分で作れるとか!?

準備物

  • 家庭用ミシン
  • 糸(ボビンにまいておく)
  • 布 縦26cm×横43cm
  • カラー紐
  • スライドゲージ(手芸屋さんなどで手に入ります)
  • クリップ

手順

  1. スライドゲージを4cmに合わせ、布の下を4cmに折っていきます。しっかり手で押さえて折り目をつけます。
  2. 今度はスライドゲージを5cmに合わせ、布の下から1.5cmのところを折っていきます。
  3. 5cm折ったままで、①で折った4cmでさらに折ります。これでできた輪の中に紐を通す形になります。
  4. 一度折り目を広げ、中表に半分にして折ります。わっかを上にして置き、スライドゲージを7cmに合わせます。そのまま、下の端に横向きに置いて、7cmのところをクリップで留めます。
  5. わっかを上にして、右端5cm内側をまっすぐに縫っていきます。今度は布を90度回転させ、クリップが留まっているふちを縫っていきます。こちらも1.5cm内側を縫います。クリップのところまで縫ったら、返し縫いをして、糸を切ります。
  6. 布をひっくり返し、柄が表にくるようにします。クリップより先の開いている部分を、手でしっかり折り目をつけます。端を縫っていき、縫いどまりまで来たら布を回転させ、逆側の端も縫っていきます。開くとV字のような縫い目になります。
  7. ③で作った折り目のとおりに3つ折りにし、下の端を縫っていきます。動画はかなり高速で縫っていますが、初心者の人は少しずつ折りながらゆっくり縫っていきましょう。
  8. 紐を通せば完成です。

学びとまとめ

さて、2つの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

どちらも初心者にもやさしい作り方なので、

苦手な人もぜひ試してみてくださいね。

せっかくの幼稚園入園、

苦手だけど頑張って手作りしてみたい人、頑張りましょう!

【関連記事】

 

 

スポンサーリンク