最近は、入園グッズも買えたり、

オーダーで作ってもらえたりするので、

裁縫が苦手なママも助かりますね。

でも、もうすぐ入園する我が子のため、

何か1つぐらい作ってみたい、

うちにはミシンがないから何も作れない、

という人もコップ袋なら手縫いでできちゃいますよ。

コップ袋を手縫いする作り方やコツをお教えします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

手縫いコップ袋の準備物

布…50cm×20cmぐらいのもの。

手縫いですので、あまり厚い生地を選ばないようにしましょう。

キルトや帆布、ラミネートなどは避けた方がよいです。

定番のコットン生地が縫いやすいですし、印もいれやすいですよ。

紐…50cm×2本。

太さのあるカラー紐がオススメです。

結び目につけるループエンドもあるとよいかもしれません。

  • 定規…30cmがあると便利です。
  • 裁ちばさみ(なければ普通のハサミでも大丈夫です。)
  • チャコペンなど布に印をつけるもの
  • 紐通し(なければヘアピンなどでも代用可能です。)
  • アイロン

 

コップ袋を手縫いする手順

コップ袋のサイズに裁断

縦44cm、横18cmの長方形を書きます。

縦は中心の22cmのところに印をしておいてください。

いきなり布に書くのが難しい人は、

チラシや白い紙などで型紙を用意すると簡単に書けますよ。

長方形が書けたら裁断していくのですが、

書いた長方形ぴったりを切るのではなく、

5㎜ほど外側を切っていきます。

これも難しいと感じるようなら、

あらかじめしっかり線を引き、

そのとおりに切っていきましょう。

縦の左右を折りこむ

裁断できたら、長方形の線に沿って、

縦の左右を折りこんでいきます。

できれば折った後にアイロンを使って形をつけておくと、

後々広がってきにくくなります。

折れたらもう一度折りこみます。

上下に紐通しの部分を作る

左右の辺と同様に長方形の線に沿って一度折り、

その後2cmの幅で折ります。

折れたら、折り目の下から2~3㎜のところを縫っていきます。

縫い目はあまり広めではなく、

細かく縫っていく方がほつれにくくなります。

できる人は本返し縫いで縫うと

より丈夫になるのでオススメです。

布を中表にして2つに折ります。

紐通しが完成したら、布を中表にして2つに折ります。

こちらも外から2~3㎜のところを縫ってください。

紐通しの部分のすぐ下からまっすぐ縫うのですが、

縫い始めのところでまつり縫いをして、

縫い合わせがほつれにくいように処理しておきましょう。

紐を通す

左右が縫えたら袋は完成です。

布を表に返して、紐を通します。

それぞれ左右の紐通しの穴からぐるりと通して

戻ってきたところを結びます。

両方から紐を通すと、左右の紐を結ぶことで、

袋の口がきゅっと閉まる形になります。

これでコップ袋になりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

手縫いするときのポイント

手縫いはとても神経を使う作業です。

ペースも大事ですので、

途中で止めると次始めるときが大変です。

なるべく集中して作業できるときに作りましょう。

また、縫い目をじっくり見ていると、

目がしんどくなることがあります。

なるべく明るい部屋で作業してくださいね。

まっすぐ縫えるか自信がない人は、

縫う前に縫う場所にチャコペンなどで線を引いておくといいですよ。

洗えば消えるタイプの印つけもたくさんありますので、

ぜひ探してみてください。

マチ針で留めておいて縫うという手もありますが、

マチ針も持っていない、留めてても曲がっちゃう

という場合には、クリップも布を留めるのに役立ってくれます。

学びとまとめ

手縫いでコップ袋を作る方法をご紹介しました。

布1枚と針と糸があれば、十分コップ袋が作れちゃうんですね。

ミシンがないから、と手作りをあきらめていたひとも、

これぐらいなら十分できちゃうのではないでしょうか?

お子さんの入園品に1品でもママの手作りをくわえてあげてくださいね。

手づくりの入園グッズは、きっとお子さんの宝物になりますよ。

【関連記事】

お名前シールアイロンをパソコンで手作りしたいママへ!

コップ袋の作り方!マチなしも折りマチもこれで簡単解決

コップ袋の作り方!裏地付き切り替え、折りマチはこの手順でOK

防犯ブザーのランドセルの付け方!ここぞの時に役立つ場所

 

 

スポンサーリンク