0182b5e455697b2041bd73eb067bd73b_s

子どもが大人になりきって職業体験し、

社会の仕組みを学べるテーマパーク”キッザニア”

多くの子供たちに人気ですね。

関西にあるキッザニア甲子園を楽しみ尽くせる

2017攻略ポイントをまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

キッザニアを徹底予習

はじめてキッザニアに行くならまずは、

いちばん体験したい第一希望のパビリオンを決めましょう。

ついつい、あれもしたいこれもしたいと欲張りになってしまいますが、

入場してからどれにしようか悩んでいると

待ち時間だけがどんどん増えてしまうので、

体験したいアクティビティのパビリオンの受付や

予約方法をチェックしておきましょう。

  1. 体験したいアクティビティを決めて、パビリオンへごGO!
  2. パビリオンの受付は予約か列にならぶ
  3. 予約後、体験できるパビリオンを探そう
  4. 順番がきたら体験スタート

ペインティングウォール

壁にペンキを塗ってキッザニアの街をカラフルに彩る

ペンキ職人のお仕事体験です。

 


ユニフォームや手袋を貸してもらえて

完全防備で洋服が汚れる心配は無用です。

 

一度体験したらはまってしまって、

リピートしたくなりますよ。

ビューティサロン

女の子に大人気のパビリオンです。

メーキャップ、ネールカラーなど

プロと同じアイテムを使えることが

一番の醍醐味でしょう。

 

ママもビックリするのは

まるでデパートのコスメカウンターさながらの

メーキャップアイテムがディスプレイされています。

 

ビューティスキルだけではなく、

お辞儀や接客挨拶までレクチャーしてもらえます。

 

電車の運転士

「阪神電車」の運転士と車掌が連携して

安全を守りながら、運転士を体験します。

 

客席シート、床材、運転席の時計など

細かいパーツも本物仕様になっています。

子どもだけでなく

パパもかなり興味津々になってしまいます。

ハンバーガーショップ

バンズにパティや野菜をのせて

ハンバーガーをつくります。

 

第一部なら午前中に、

第二部なら夕方に体験すると、

成果物のハンバーガーは

ランチやディナーとして食べられます。

 

ボリュームもあるので、

食べ応えはじゅうぶんあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

お菓子工場

生地をのばしたり、カットしたり、

大好きなハイチュウのオリジナル作りを体験。

 

生地をのばすとき、ちょっと力がいりますが、

作りたてのハイチュウはやわらかくておいしいです。

 

完成後、

箱にシールでデザインするところまで楽しめます。

印刷工房

子どもたちがふだんなかなか目にすることができない活版印刷機など、

本格的名道具を操作して

スタンプブックを作る仕事を体験します。

 

1枚の紙から本を仕上げる工程は

モノづくりの楽しさを難しさを実感できます。

住宅建築現場で大工さん

家のリフォームするために必要な点検や、

バリアフリーの工事を体験します。

 

全部で4ステップの工事があり、

内容はそれぞれ異なります。

自動車工場

生産ラインでそれぞれ担当にわかれて、

組み立て憧れの自動車を完成させます。

 


組み立てるだけでなく

自動車の構造や部品を見ることができるので、

男の子にとても人気があります。

デパートの販売員

デパートの売り場で

お客様に商品をすすめて買ってもらう

女のこの憧れの職業です。

 

電力会社のエンジニア

ちょっとドキドキしながら高所作業車に乗り込みながら、

キッザニアの街にある送電線の修復作業を行ったり、

司令室から指示を出しのは、かっこいいですね。

 

学びとまとめ

キッザニア東京とキッザニア甲子園では、

それぞれ異なるパビリオンが出展しています。

ぜひ、両方行ってみたいですね。

私も子どもの時に

こんなテーマパークがほしかったなあとつくづく思います。

【関連記事】

夏休み子どもにどんな体験させる?親子で本気で遊んで学ぼう!

夏休み家族旅行におすすめ星野リゾートはここ!

夏休み家族旅行でおすすめの東京ドームシティはみんなが大満足

羽田空港限定お土産ランキング(2017)in国際線ターミナル

 

 

スポンサーリンク