c5c1c8ad79be83dd0788a5b63448a882_s

昨日まで元気に泳いでいたのに今日になって

金魚がうごかなくなってしまった、

元気がなくなってしまった。

心配しますよね。

子どもたちと一緒に金魚を世話していたときは、

本当にみんなで心配しました。

そんな時は慌てず、まずはお家でできる対処法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

金魚からのサイン

金魚は弱ってくるとなんらかのサインを出しています。

日々この変化に気づいて対処してあげると慌てないですみますね。

  • 水槽の底のほうでじっと動かない。
  • 背びれをたたんでいる。
  • 餌をあたえても、すぐ食べない
  • 群れから離れて1匹でいることが多い。
  • 水面に鼻を上げて激しく口をパクパク動かしている。
  • 水槽の側面や砂利に体をこすりつける。
  • 体表に白い斑点やゴミのようなものが見られる。
  • 上下の泳ぎを繰り返したり、水面から跳ね上がったりを繰り返す。

このようなことは弱ってきているサインです

よく観て早く気付いてあげることが一番大切です。

慌てず観察

水層の水替え

金魚の弱ってしまう原因で1番多いのは水質の悪化です。

ろ過フィルターの汚れや底砂利の汚れ等で

水槽の中の生物濾過能力がくなり

アンモニアや硝酸塩の濃度が高まっています。

まずは半分から8割の水を替えてあげましょう。

ただ金魚は水温の変化に弱いので注意してあげてくださいね。

弱っている金魚にとって水温が激しく変化するのは

とてもダメージが大きくなります。

また酸欠になっている可能性もありますので、

エアーレーションで酸素濃度をあげてあげるのもいいでしょう。

絶食させる

消化器官に負担がかかってしまったり、

消化不良で体調を崩している可能性もあります。

1ヶ月ぐらい食べなくても飢え死にする事はありません。

餌をあげることによって水質が悪化することもありますので、

餌をあげたい気持ちを抑えて絶食させて様子を見てみましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

塩浴

昔からある方法なのですが、水1リットルに

食塩5グラムを入れて濃度0.5パーセントの水の中に、

弱った金魚だけを1週間ほど泳がせてみましょう。

これは、寄生虫や細菌を死滅させることができます。

金魚の体液の濃度が約0.7パーセントなので、

これより濃い塩水だと金魚への負担が大きくなります。

また、細菌や寄生虫の体液の濃度が0.3〜0.4パーセントなので

これより薄いと逆に効果がありません。

塩浴をする時は、0.1%、0.2%…というように

少しずつに濃度を上げていき、

1日ほどで最大濃度まで慣れさせていくのがいいですよ。

塩水は傷みやすいので、3日に一度ほど

水槽の3分の1を水替えしてあげてくださいね。

また、水草や貝類などは塩に弱い生き物は出しておきましょう。

変化がなければそのまま塩浴をしていきます。

薬浴

塩浴をやってみて、さらに弱ってきているようなら、

すぐに中止し塩浴と同じように水に薬溶かして、

弱った金魚を泳がせる薬浴をします。

塩浴は浸透圧を利用して治療しますが、

薬浴は直接金魚についている寄生虫や

細菌を死滅させることができます。

ただ金魚の病気もいろいろあるので

弱った金魚の様子を写真や動画に撮って

ペットショップなどで見せてよく相談するといいですよ。

  • ニューグリーンF(白点病、尾ぐされ病、白雲病の予防・治療)
  • グリーンFゴールド顆粒(松かさ病、、エラ病、尾ぐされ病、皮膚炎の予防・治療)
  • グリーンFリキッド(尾ぐされ病、エラ病、白点病の予防・治療)
  • メチレンブルー(白点病・白雲病の予防・治療)

以上のものは、代表的な薬ですが

他にもありますので金魚の様子に合わせて購入してくださいね

学びまとめ

金魚はこまめにお世話をしていれば、

比較的に飼いやすく長生きな動物です。

金魚を1つの水槽に入れすぎるのもよくありませんし、

餌のやりすぎもよくありません。

エアーポンプや水槽などの

お手入れをきちんとしてあげましょう。

【関連記事】

カブトムシのエサは、 野菜やきゅうりはNGだった?

ベランダの動かないコウモリは撃退できない?菌も心配!

ウッドチップのメリットを雑草や虫対策に活用しよう!

 

 

スポンサーリンク