d1744d71952e8a485710a40014600f9f_s

運動会の花形競技のひとつでもある騎馬戦ですが、

リレーとは違って”THE戦い”といった感じがして、

見てるこちらもドキドキして興奮してしまいます。

やみくもな突進や気迫だけでは

なかなか勝てない競技の騎馬戦必勝法には、

作戦が重要で勝敗を左右します。

また一躍ヒーローとなれる一騎打ち、

大将おとしのワザなどもあわせてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

騎馬戦必勝法~騎馬の土台と騎手のコツ~

騎馬の組み方

騎馬戦で重要になるのが騎馬の組み方です。

体格差や俊敏さが戦局を大きく分ける事になります。

騎馬は土台に3人・上に1人の4人構成で1つの騎馬を作りますが、

がっちりした人、背の高い人、足が速い人

この3要素に近い人たちで土台を構成しましょう。

背の高い人で土台を構成された高さのある騎馬は、

それだけでとても大きな武器となります。

先頭の人は他の騎馬に正面からぶつかっていくので、

特にしっかりした体格の人がいいでしょう。

 

騎乗の人の要件

最高の土台を構成しても、

上に乗る人がそれに応えれなけれ、勝ち残る事はできません。

体重が軽い人、

手足が長い人、

俊敏な人

上に乗る人はこの3要素に近い人を乗せるのがベストです。

特に一騎討ち戦では確実に勝ち残る可能性は高いです。

しかし、騎馬戦は団体戦なので、

やはり、体重が軽い人を選ぶのが順当でしょう。

手足の長さはとても有利に思えますが、

実際腕が2,3センチ長くても騎馬戦ではあまり意味がありません。

大切なのは高さです。騎馬を4人でつくるときは、

いかに高さを確保できるかを最優先しましょう。

極端にいえば、上から相手の帽子は簡単に取れますが、

反対に下から高い相手の帽子を取ろうと思ったても難しいだけです。

相手より高い位置にいれば、

腕を伸ばしてきても後ろに身体を反らせば

まず帽子を奪われる心配はありません。

チームの形勢にあわせて進む方向をしっかりみんなに指示できる、

リーダー的な役割ができる人だと強い騎馬になるでしょう。

これは、サッカーでいえば花形ポジションのトップ下といったところでしょうか。

騎馬戦で勝つ為のコツ

騎馬戦は気迫だけでむやみやたらと動きまわっているだけでは、

いずれ帽子またはハチマキを取られて終わってしまいます。

騎馬戦のメインは団体戦です、

一騎打ち戦とは違って、戦術が大きく勝敗を左右します。

陣形

大将騎馬を守りながらの戦いになりますから、

騎馬数機で大将騎馬を守りながら、

相手の大将騎馬の陣形を崩しながら前進します。

この大将騎馬隊の他の騎馬は、一騎になると囲まれてしまうので、

単独行動とらないで、2騎での行動になります。

戦術

チームを勝利に導く為には、戦術が必要になります。

むやみに突撃するだけの騎馬戦でも楽しいのですが、

勝つ為には作戦を練る事が大切です。

いかに相手を1騎ずつに分断するかがキーポイントです。

常に自分たちは集団を意識しながら

相手チームを集団化させない事で勝負が決まります。

先ほどのツーマンセルが勝利へのキーなのです。

1騎が相手と対峙している時に周りを警戒しつつ、

サポート支援する事で相手の帽子を取り易くなります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

騎馬戦必勝法~一騎討ちのコツ~

一騎打ち戦、1対1の勝負、緊迫した空気がながれるガチンコ勝負です。

1対1に勝ち残るには上に乗る人だけが、

頑張るのではなく土台の人たちの動きも重要になります。

単独行動では集中的に相手に責められしまいますので、

基本的に何組かで行動しましょう。

同じチーム2騎で、ペアが倒されたあとは、

すばやくその場を離れて別のペアと合流します。

やむなく、相手チームと一騎打ちとなったら、

フェイントを混ぜて戦いましょう。

これもまたサッカーでたとえるならば、

緩急つけたドリブルで相手ディフェンスを振りきるかんじです。

また小技として、相手の目の前で手をたたき、一

瞬目をつむってしまい、そのスキに帽子を奪うねこだましてきな

作戦もありますが、何度も使えるものではありませんので注意してください。

体当たりもめったやたらと強く当たると大怪我をしますので、

バランスを崩す程度に加減して体当たりして下さい。

騎馬戦必勝法~大将落とし~

ed775cea4bedbc3760feb96ef0b10a02_s

ここは気合を入れてガンガン大将を打ち落としたいところですね。

騎馬戦の大将落としで勝つには、チームワークが最も大切です。

騎馬毎の能力に任せていては、

体力勝負となり身体能力の高い人がそろっているチームが勝ちます。

殆どのチームが攻めと守りの騎馬数が同じになってしまうので、

圧倒できるように騎馬一対一でなく、

二対一や三対一という数的優位の作戦をとりましょう。

つまり、騎馬を2組や3組に分け相手の騎馬を1騎ずつ撃破していく方法です。

騎馬戦必勝法のひとつに、サッカーのフォーメーションが参考になります。

サッカーも

攻撃と守備は完全に連動して動かなければ絶対に勝てないところが、

騎馬戦と同様です。

単純にフォワード(攻め)とディフェンス(守り)に分けるのではなく、

自陣の騎馬が互いに連携することにより

1対1の攻防をなくし必ず1対多数の局地戦を行います。

フォーメーションをしき、最前列の騎馬は相手との対局を避けながら、

相手の騎馬が横をすり抜け挟み撃ちにするようにします。

しかしすり抜けてきた相手の攻撃の騎馬に大将がやられないように気を付けて下さい。

こうなると当然大将も全体に連動して動くようになります。

これで完璧な騎馬戦必勝法といえるでしょう。

学びとまとめ

騎馬戦競技は、

子どもたち同士で作戦を話し合うという機会が自然とうまれやすく、

みんなで力を合わせて頑張ることの大切さを学べるので、

昔から運動会でよく行われています。

騎馬戦の勝ち方のコツを紹介しましたが、

ついつい熱くなってしまいますが、

怪我だけには注意して楽しく運動会の思い出を残しましょう。

【関連記事】

運動会0歳児~4歳児の親子競技23選

運動会リレー必勝法のコツはバトンの渡し方にあり

運動会お弁当、前日の下ごしらえはここまで出来る!

 

 

スポンサーリンク