57517061fba1c479336c10fabeff8ec1_s

結婚式の招待状が届いたら、まず考えなきゃいけないのはドレスですよね。

どんなドレスを着ていこうか、どうコーディネートしようか迷いますよね。黒のワンピースやドレスはマナー違反といいますが、どうしても着ていきたいという方いませんか?

コーディネート次第では、黒のワンピースもOKなのです。今回は、マナーも押さえた黒ワンピースの結婚式お呼ばれコーディネートのポイントをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

結婚式 全身黒のコーディネートはNG

結婚式に黒ワンピースで出席する注意点として、全身黒のコーディネートにならないようにしましょう。

全身黒の装いは「喪服」をイメージさせるので、結婚式ではタブーです。 黒いワンピースを選んだ時は、小物類を明るい色でコーディネートして「全身黒」を避けるとOKですし、むしろグットオシャレ感があがります。

黒でもサテンやベルベットなど光沢ある華やかな素材に変えれば喪のイメージからかけはなれるでしょう。

結婚式 黒ワンピースのアクセサリー

 

黒いワンピースは、小物次第でとってもオシャレになります。

ただし、アクセサリーでお葬式を連想させるような一連のパールネックレスを使いたいのであれば、ロングタイプのものと重ねづけしたり、華やかに見せる工夫を心がけましょう。

また、大粒のパールはOKですがブラックパールは縁起が悪いので、結婚式ではタブーです。

パールのネックレスのほかにも、昼の結婚式のアクセサリーとしてシルバー、ラインストーンなどがおすすめです。

コサージュを添えると結婚式らしいですが、生花のコサージュは新郎新婦のみが付けられるものなので、布製のものにしましょう。

新婦が目立たなくなるほどの大きなコサージュや花冠、ティアラなどはマナー違反です。

 

スポンサーリンク

 

結婚式 黒ワンピースの羽織物

一般的なマナーとして、肩を出した服装はNGなので、ノースリーブのワンピースの場合は羽織物が必要です。

パーティ用のボレロやショールで、華やかなイメージになるように心がけましょう。

ストールをまくだけで露出を抑えることができますので、落ちて肩が出てしまわないようコサージュなどで止めておけば安心です。

ジャケットタイプの羽織物は、きちっと感を演出してくれます。襟付きはクールな印象を、ノーカラージャケットはフェミニンな印象を与えることができます。

結婚式や昼の披露宴では、ひざ上10cm以上のミニ丈、胸元大きくを見せる襟ぐり、太ももまでのスリットなど、肌の露出が多いデザインはNGとされていますので、注意しましょう。

バッグ、靴、ボレロなどの小物は色を統一するとぐっと綺麗に見えますよ。

結婚式 黒ワンピースのコーデ技

黒のワンピースに、3つの小物(バッグ・パンプス・ネックレス)を組み合わせるときは、「2:1」を目安に色を組み合わせると、バランスの良い自然な配色になります。

例えば、バッグとアクセサリーをピンク系にしたら、パンプスはをブラックにして、2:1の組み合わせをつくります。

また、ボレロやショールをプラスしてドレス以外のアイテムが4つになるときは、3:1、や2:2の配色に組み合わせると黒ワンピースコーデがグッとセンスアップしますよ。

学びとまとめ

新郎新婦が主役の結婚式なので、目立ちすぎないようにと無難な黒ワンピースを選んではいませんか?

実は、華やかに着飾ることも参列者のマナーの一つです。キレイに着飾った参列者が多ければ多いほど、その結婚式の「格を上げる」とも言われているくらいです。

マナーを守って参加者全員が心地よい式になるよう素敵なドレスの着こなしを目指しましょう。

 

スポンサーリンク