155962

母の日、父の日は外国にもあるけれど、

敬老の日は日本にしかないってみなさんご存じでしたか?

その理由は敬老の日の由来にあるようです。

毎年何気なくお祝いをしている敬老の日ですが、

実際にはどのような由来や意味があるのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

敬老の日の由来は?

1947年(昭和22年)9月15日に、

兵庫県多可郡野間谷村の門脇政夫村長と山本明助役が

としよりの日とし、敬老会を開いたことが始まりと言われています。

ではなぜ9月15日かというと、

なんと大昔、聖徳太子の時代にまで歴史をさかのぼります。

593年9月15日、大阪の四天王寺に

聖徳太子が身寄りのない老人を救う為の施設である

「非田院(ひでんいん)」を設立した日と言われたり、

717年に元正(げんしょう)天皇が

高齢者に贈り物をした日だとも言われています。

なぜ9月の第3月曜日?

当初は「としよりの日」という名称でありましたが、

国民から表現が好ましくないと反発があった為、

1964年に「老人の日」と名称を変えたのち、

翌年、国民の祝日「敬老の日(9月15日)が制定されることになりました。

その後、2003年ハッピーマンデー制度が実施され、

9月の第3月曜日に変わり、9月15日を老人の日、

それより一週間を老人週間となりました。

敬老の日の意味

国民の祝日に関する法律によると、

「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」

ことを趣旨としています。

今まで頑張ってきたおじいちゃん、おばあちゃんに感謝して、

これからも長生きしてもらえるように

お祝いをしましょうとの意味がこめられているのですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

敬老のお祝いは何歳から?

では、いったいお祝いされる老人は何歳からになるんでしょうか?

国連の世界保健機関 (WHO)では、

高齢者の定義は65歳以上、老人福祉法では、

65歳以上と判別することととなっていることから、

老人は65歳以上と考えるのが妥当なようです。

でも、今の60代はまだまだ現役で元気な人が多いですし、

お孫さんが早くに生まれればどんなに若くても

れっきとしたおじいちゃん・おばあちゃんですからね、

祝うときは、相手のことも考えてお祝いすることも大切になるかと思います。

学びとまとめ

敬老の日が大昔からつながりがあったことには驚きでした。

今でこそ9月の第3月曜日に代わってしまいましたが、

9月15日は「老人の日」という形で残されています。

日本にしからない、敬老の日にはぜひおじいちゃん、

おばあちゃんの長寿を家族でお祝いしましょう。

【関連記事】

敬老の日のプレゼントは手作りの簡単アイデア集

敬老の日に贈る花を選ぶなら、これははずせない!

敬老の日に贈りたい手紙文例集と喜ばれる6つのポイント

敬老の日に贈るメッセージ短文集!心から感謝を伝えよう

 

 

スポンサーリンク