1月4日水曜日のホンマでっかTVでは

従来の風邪知識の驚きの新常識のお話がありました。

寒い冬がくるとかならず風邪対策や風邪予防の

話題になりますすが、この風邪においても

長年間違った習慣を持っていましたので、

この機会でぜひ新習慣をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

風邪のウイルス

風邪のウイルスは100種類以上あって

活躍しているウイルスは全体の10~20%程度なので、

全てに効く薬はないと思っていたほうがいいでしょう。

風邪の薬に効く薬はないという昔の人の言い伝えは

あながち本当だったんですね。

風邪予防にビタミンCは効果なし

昔、ノーベル賞受賞したポーリング博士が、

ビタミンCをたくさん飲んだら風邪をひかないといったが

実は嘘だったいうのです。

科学的にビタミンCが風邪予防への効果の根拠は

示されていないのです。

【世界一受けたい授業】ゴールドキウイはインフルエンザに効果的?

 

風邪予防にマスクは効果なし

あくびの役割

あくびには脳を冷やす効果があり、

夏より冬のほうが外気が冷たいので、

あくびの数は2倍多くなります。

マスクをするとあくびによって冷たい空気が

入りにくくなります。

脳を冷やさないと、

判断能力が鈍くなってしまいます。

風邪をひいたら笑って治す

風邪をひいたら体を温めて

免疫をたかめることが大切なので、

笑うことで神経伝達物質が増加し、

免疫力が高められます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

風邪予防対策

小児科の医師はあまり風邪ひかないですよね?

小児科の医師の対策

実は小児科医は、10~15分の間隔で

お茶をもってずっと飲み続けているというのです。

頻繁に水分をとることで、

喉を洗い風邪の予防になるのです。

うがいよりお茶

ウイルスを胃におとして、胃袋が菌を殺してしまうので、

うがいするより、飲んだほうがいいというわけです。

体を冷やすとウイルスが活発化するのを防ぐため

風邪をひいたときは身体を温めたほうがいいのです。

学びとまとめ

風邪をひいたときは、

あったかくしてよく寝るのが一番の薬と

言い伝えられてきましたが、

とても理にかなった習慣だったんですね。

【関連記事】

赤ちゃんの咳は風邪じゃない?!アレルギーにも注意して!

【その原因Xにあり】ほうじ茶と腹式呼吸でインフルエンザ対策

【あさイチ】口内炎の治し方!即効で効くには薬を使い分けよう

R-1乳酸菌ヨーグルト効果で免疫力を大幅アップ

 

スポンサーリンク