カブトムシといえば、夏の虫というイメージですが、案外暑さには弱いそう。

飼育時には、直射日光なども避けなければなりません。

しかし、現代の日本において夏の暑さは尋常ではありません。

夏の室内の気温は非常に高くなります。

そんなとき、カブトムシ飼育にも、エアコンが役立ちます。

今回は、エアコンでの温度管理で

注意すべき点について見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

暑さに弱いカブトムシ

カブトムシは言うまでもなく、夏の虫ですが

暑さに強いかと思いきや実はとても弱いのです。

子どもたちが虫かごを持って

捕まえに行きたがる虫の最たるものですよね。

夏のものなら夏の暑さには強いのではないか、

というとそういうこともないのです。

自然の中で暮らすカブトムシがいるのは、雑木林や森の中で、

私たちが暮らす街中よりもかなり涼しい環境です。

カブトムシは夜行性

カブトムシが活発に動くのは、夜。

雑木林や森の夜は、気温もぐっと下がり、

肌寒く感じることもあるぐらいです。

ですから、カブトムシは30℃を超えるような

街中の暑さには強くありません。

ましてや、夏の閉め切った室内は、

30℃をゆうに超える高温になります。

そんな中でカブトムシは生きられません。

エアコンで気温管理

カブトムシを飼育中に留守にするならば

エアコンでの気温管理をしましょう。

温度は28℃ぐらい

カブトムシが元気に生育できる温度は28℃ぐらいが上限です。

日中家に人がいて窓を開けたり、カブトムシのケースを日陰の涼しい場所に

移動して置き場所を変えるなどして、

28℃を超えない環境で飼育できるのでしたら、問題ありません。

ただし、留守がちであったり、窓を閉めているのだとしたら、

気温管理は必ず必要になります。

真夏はエアコンで管理

真夏の室内は30℃以上、下手をすると40℃近くなることもあります。

そうなると、室内の日陰で涼しいところも確保が難しくなります。

そのときは、エアコンの出番です。

エアコンの冷房、除湿などを利用して、

室温が30℃を超えないように設定して、気温を管理します。

ただし、ずっと一定の気温をキープし続けるのも、

カブトムシの生育にはあまり良くありません。

元々自然の中では、日中は気温が上がり、

朝晩は冷え込むという環境で生活してきていますので、

多少の気温の変化を感じる必要があります。

日中家に人がいる間は風通しを良くして、

エアコンを切っておく時間も作りましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

マットの湿度

エアコンで室温を管理するときに気をつけたいのが、

マットと呼ばれるカブトムシ飼育用の腐葉土の湿度です。

人もそうですが、エアコンの効いた室内は乾燥しがちです。

カブトムシにとって水分も非常に重要なものですので、

あまり乾燥しすぎないように

マットの湿り気をよくチェックしましょう。

梅雨時には室温の上昇

夏に入る前の梅雨時には、マットが湿りすぎることがあります。

いくら水分が必要とはいえ、多湿もカブトムシの健康を阻害します。

梅雨時はとても蒸すので、室温も上がりがちです。

そのようなときにも、エアコンは役に立ちます。

温度設定はやや高めにして除湿の機能を使えば、

室内の湿度を抑えてくれるので、

マットの湿り気も少し減らすことができます。

これでわかるとおり、カブトムシを飼うのは、

なるべくエアコンのある部屋が良いです。

カブトムシを飼う前に、エアコンのある部屋に

カブトムシを飼うスペースを確保できるか、

ぜひ確認するようにしてください。

学びとまとめ

カブトムシ飼育で必要なエアコンでの室温管理と

その注意点についてお話ししました。

カブトムシが暑さに弱く、健康管理にエアコンが必要というのは

驚く人もいるかもしれませんが、

カブトムシの生息する土だらけの自然の中と違い、

今の街中はコンクリートがほとんどで気温も高いです。

カブトムシが元気に過ごせるよう、

室温の管理にぜひ気をつけてあげてくださいね。

【関連記事】

カブトムシを飼育しよう!適度な土の水加減と湿度は?

カブトムシを飼育しよう!土の量や深さはどのくらい?

カブトムシを飼育しよう!成虫までの土の交換時期と頻度は?

カブトムシを飼育しよう!あの嫌な土の臭い対策はこうやろう!

 

 

スポンサーリンク