ac243d2b5beb3737419dd075ceeb6fe0_s

カビキラーはお風呂のカビ対策に、

キッチンハイターは茶渋やまな板の汚れに

使ってる方が多いのではないでしょうか?

そもそも、カビキラーとキッチンハイターは何が違うの?

どちらが効果的なの?

そんな疑問を紐解いていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

カビキラーとキッチンハイターの違い

まず、カビキラーの成分と

キッチンハイターの成分を見ていきましょう。

カビキラー

  • 次亜塩素酸
  • 安定化剤
  • 水酸化ナトリウム
  • アルキルアミンオキシド
  • アルキルスルホン酸ナトリウム
  • アルキル硫酸エステルナトリウム

キッチンハイター

  • 次亜塩素酸ナトリウム
  • 水酸化ナトリウム
  • アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム

どちらも次亜塩素酸、

水酸化ナトリウムが含まれています。

次亜塩素酸は強い殺菌力、漂白作用があり

この成分で殺菌漂白をします。

水酸化ナトリウムはたんぱく質や油を溶かしてくれるうえに、

次亜塩素酸の効果を促進させる効果もあります。

カビキラーとキッチンハイターの成分は

とても似ていると言えるでしょう。

ですが、2つが1番違うところは

次亜塩素酸の濃度なんです。

カビキラーの次亜塩素酸の濃度は0.6%程ですが、

キッチンハイターの次亜塩素酸の濃度はなんと6%程なのです。

つまり、カビキラーとキッチンハイターの1番の違いは

次亜塩素酸の濃度と言えるでしょう。

どちらとも使い方には注意が必要

カビキラーもキッチンハイターもアルカリ性です。

酸性タイプであるトイレ用洗剤や

浴室用洗剤と混ぜてしまうと、

有害な塩素ガスが出るのでかなり危険です。

その為パッケージにも

必ず混ぜるな危険の文字があるのです。

そして、やりがちなのが手袋をせずにそのまま使うのは危険です。

万一触ってしまうと皮膚がボロボロになってしまいます。

その為使用の際は必ず手袋をはめましょう。

もし、跳ねてついてしまった場合は急いで洗い流しましょう。

ひどい場合には病院へ受診する事をオススメします。

そして、そして、必ず換気をしましょう。

危ない事をしっかりと理解した上で使う事が安全へ繋がります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

お風呂のカビにはどっちが効くの?

実際はどちらとも有効と言えるでしょう。

カビキラーは壁などでもしっかりとした泡が

カビ部分をキャッチしてくれるので使うのには

便利なように感じます。

キッチンハイターの場合は液体を水で薄めて

霧吹きなどに入れて使う事ができますが、

カビキラーのように粘着する泡がないので

壁などだと下に流れてしまうので

壁以外の部分で使うのがいいです。

そして、キッチンハイターは液体を薄めて使う分

かなりの回数が使えるので

値段的にはキッチンハイターの方がお得だと思います。

間違えやすい使い方

カビキラーもキッチンハイターもカビや黒ずみに

吹きかけてすぐにブラシなどで擦るのはNGです。

カビキラーもキッチンハイターもカビや黒ずみに浸透させて

殺菌漂白する為吹きかけた後は放置が大切なんです。

頑固なカビには

普通に一回やったけど落ちなかったという方は

もう一度カビキラーまたはキッチンハイターをカビにやり

その上からラップなどで覆って放置しましょう。

そうする事でカビの芯まで液体が浸透して

黒ずみが消える事があります。

学びとまとめ

カビキラーとキッチンハイターの違いと

効果をわかっていただけましたか?

今回の記事をまとめると…

・カビキラー、キッチンハイターにあまり変わりはない
・絶対に他の洗剤とは混ぜてはいけない
・皮膚についてしまった場合はすぐに洗い流す
・ゴシゴシこすらない

ちなみに、カビキラーもキッチンハイター

どちらとも防カビではないので、

こまめにカビ対策をする必要があります。

1番大事なのはじめっとさせない事なので

換気をこまめにする事と、

お風呂上りに水のシャワーで

お風呂全体を冷やしてあげる事で

カビの増殖を防げますよ。

是非お試しください。

【関連記事】

【有吉ゼミ】排水管のつまりをきれいにする道具はアレひとつ!

魚焼きグリルの掃除で内部はどうすればいい?

製氷機の掃除はお酢を使ってここまでできる3つのポイント!

【電子レンジ掃除】こびりつきは重曹と酢を使った撃退法!

【ヒルナンデス】大掃除裏技!でキッチンも窓も節約テク

 

スポンサーリンク