148582

長年教育資金準備といえば、手堅く郵便局の学資保険が主流でした。

マイナス金利時代のいまは貯めるから増やすへ、

教育資金も貯蓄から投資にかわってきていることをご存知ですか?

何かと耳にするようになったNISAのおかげで、

一般的に投資が身近になってきました。

低金利時代のいま、はたして学資保険だけで十分といえるでしょうか?

しっかりと教育資金を準備するなら、

2016.4月からジュニアNISAの運用が開始できるようになりましたので、

気になっているが、よくわからないというママのために

NISAを活用した投資での教育資金準備を学びましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

NISAとはどのような制度?

NISAは少額投資非課税制度といい、

証券会社や銀行などの金融機関でNISA口座を開設して

株 (上場株式)や投資(株式投資信託)を購入した

配当金、売買益にはは20%の課税されます。

NISAはこの課税が非課税、

つまり20%の税金は自分の手元にのこるということです。

NISAの制度がひろまりだした要因として、

この20%はとっても大きいということがあるでしょう。

例えば

10万円の配当金・売買益の利益で、

税率20%

課税口座で  手取り8万円

NISA口座    手取り10万

2万円を税金にとられないなんて、

非課税の大きなチカラを活用しないてはありませんね。

ちなみに、1999年4月に英国のISA制度(個人貯蓄口座制度)がスタートしていまして、

日本は英国ISA制度を参考に2014年1月~2023年の期間をもうけて

スタートし、日本のNをISAにつけてNISAとしたそうです。

参考にしたとはいえ、英国ISAと制度の違いはさまざまあり、

ISAは非課税期間が無制限にたいして、NISAは非課税期間が5年間であり、

2008年にISA制度が恒久化しました。

NISAとジュニアNISAの違い

先行したNISAが浸透したのでジュニアNISAの制度も始まったので、

成人NISAとも言うようになりました。

成人NISAの上限120万にたいして、

ジュニアNISAはこども一人あたり年間80万までの

教育資金を非課税で運用できる制度です。

メリットとデメトットでポイントをおさえましょう。

ジュニアNISAのメリット

NISA同様、非課税で投資

本人が20歳になったら成人NISAに引継ぎできますので、

結婚式の準備資金や住宅購入資金など

将来幅広く長期で運用が可能です。

ジュニアNISAデメリット

18歳以前に途中での払い出し不可

払い出す場合は、全部解約となってしまいますので、

過去の利益に対して課税となってしまいます。

現在は平成35年(2023年)まので制度なので、

平成35年(2023年)までは毎年お金を入れることができます。

ここで引き出せないデメリットをメリットとして活かすポイントとして

大学入学を見据えた教育資金準備として、

18歳まで引き出さない金額のみNISA口座にいれてましょう。

祖父母の高齢者が、孫への贈与目的で

ジュニアNISAを使うのは資産移動になるので、

市場活性化させたい日本政府の狙いのひとつとして

プチ歓迎でしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ジュニアNISAの運用管理者

ジュニアNISA専用口座を申し込む前に、

運用管理者となる親権者の確認が必要となってきます。

すでに別の口座を開設するなどして、

その金融機関にて親権者の登録が済んでいる場合でも、

運用管理者の確認が必要になってきます。

運用管理者≠親権者

また、親権者以外が運用管理者になる場合など、

手続きが別途必要になる場合もあります。

ジュニアNISA用普通預金口座の解約は、

親権者からの申込でないと受付できませんので、

親権者以外の方が運用管理者であるときは注意しましょう。

運用管理者を変更

ジュニアNISA口座の運用管理者を変更するには、

金融機関にて「未成年者口座運用管理者変更届」の書面で

手続きが必要になってきます。

ジュニアNISAの払出し制限

ジュニアNISA口座の資金や上場株式等は

口座名義人である子本人がその年の3月31日において

18歳である年の前年12月31日までは原則として払出すことができません。

制限期間中にジュニアNISAから払出すと

 

配当金の支払や譲渡があったとみなされて課税されます。

また災害等やむをえない事情による払出しは課税されません。

投資信託の特徴・仕組み

元本保証もありリスクが少ない預貯金、外貨預金と比べれば

元本保証はありませんが、高リターンが期待できる株式にいたるまで、

市場にはさまざまな特徴をもった金融商品があります。

そのなかで、投資信託は、まとまった金額がなくても

10,000円から投資が可能であり、一般投資家から集まった資金を

豊富な知識を持つ運用のプロである

ファンドマネージャーが株式や金融商品に分散して運用し、

出た利益を投資家に還元する仕組みなので初心者には向いているいえるでしょう。

 

一つのカゴにすべての卵を盛るな。

Don’t put all your eggs in one basket.

 

有名な投資の格言で、分散投資や物事を分散するときによく引き合いに出されます。

意味は、持っている卵を一つのカゴに入れて運んでいると、

万が一落とした場合、全部の卵が割れてしまう、

だから複数のカゴに分けて運んで万が一落としてしまって、

全部がダメになることを避けるというわけです。

結論として、分散投資した長期投資することで

リスクを最小限にできるということです。

最近は大手証券会社や銀行でもNISAの勧誘がおおくなっています。

とくに大手の証券会社のNISAセミナーなどは、

自社商品を強く勧められるのであまり好ましくありません。

ここであなたには頼れる町のお医者さん的な家計のホームドクター、

ファイナンシャルプランナーをおさがしいただくことをおすすめします。

教育資金はもちろん、保険の加入や見直し、

住宅ローンの組み方や繰上げ返済、年金相談

さまざまな将来のお金の話を家族とともに考えていける

家計のホームドクターは強い見方になってくれますよ。

学びとまとめ

大学の授業料は、15年前と比べても

15%開きがあるほど値上がりし続けています。

現在は、NISAもジュニアNISAも2023年(平成35年)までと

期間が限定されていますが、貯蓄から投資の流れを定着させるためにも、

NISA制度が延長もしくは恒久化される可能性は大変高いと考えられます。

先にもお話しましたように、英国ISAも2008年から制度が恒久化されましたし、

教育資金一括贈与に関わる贈与税の非課税措置の期限も

平成27年12月松から平成31年3月までに延長されています。

マイナス金利時代の今こそ

投資でお金を増やしていくことを考えてみませんせか?

【関連記事】

専業主婦が確定拠出年金の3つメリットは?いつから加入?

106万円の壁はいつから?メリットとデメリットから年収を意識して働こう

配偶者控除廃止はいつ?専業主婦の負担増で3つの生き残り道

103万円の壁が廃止?いつから見直し?具体的な試算

 

スポンサーリンク