中学生になると、理科とひとくくりに言っても、

さまざまな分野に分かれてきます。

計算や実験内容が難しくなってくる物理分野や化学分野と比べ、

生物系の自由研究はどんな人でも取り組みやすく、

準備もややこしくないものが多いです。

生物をテーマにする場合、

どのような研究テーマがあるかについて

ご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

植物を扱った自由研究テーマ

植物を使った自由研究テーマとして定番なのが、観察日誌ですよね。

夏休みに入る前から植物の種を植えておき、

成長を毎日記録するというものです。朝顔などが定番ですよね。

成長記録は良くも悪くも時間がかかる研究です。

やり遂げれば、根気強く一つの成し遂げられるという自信にもなります。

夏休みの間、毎日コツコツと記録ができる人にはオススメです。

植物のDNA

最近流行っている実験に、植物からDNAを取り出すというものがあります。

野菜やフルーツの100%ジュースなどから

エタノールを使ってDNAを取り出して観察します。

準備物もそれほど多くなく、手間も少ないですが、

本格的な実験なので、生物系のテーマでも

理科らしい研究になります。

動物や虫を扱った自由研究テーマ

家で何か飼っているペットや虫がいる人は、

それらの一日に様子などを天気別などで

数日間比べてみて観察日誌をつけてみるのはどうでしょうか。

私自身は猫を飼っているのですが、猫は夏場に涼しい場所を探して移動します。

猫の居場所を追跡して気温を測り、家中の涼しい場所マップを作ってみたり、

猫がどれぐらいの涼しさを求めているかを調べてみてもおもしそうだな、

と普段の様子を見ていると思います。

ダンゴムシの記憶力を確かめる

家には何もいないが生物で実験を、という場合にオススメなのが、

ダンゴムシの記憶力を確かめる実験です。

やや複雑な迷路を用意し、ダンゴムシが

どのぐらい道順を覚えられるかを調べる実験となっています。

ダンゴムシなら学校や家の近くの公園などで簡単に捕まえられますし、

迷路も市販されていたりします。

お手軽ですが、しっかりとした研究テーマです。

ニワトリの足の骨格標本

ちょっと変わったもので、食べ終わった鶏の手羽元や手羽中、

手羽先などでニワトリの足の骨格標本を作る、

というテーマもあります。

普段何気なく食べている鶏が

どのような子足の構造をしているのかを

知る良いきっかけになりますよ。

人間を扱った自由研究テーマ

私たちにとって一番身近な生物といえば、人間ですよね。

人間をテーマに扱うなら、

全身の臓器や筋肉について調べてみるのはどうでしょうか。

自分の体の中がどうなっているのかを調べる

良い学びの時間になること間違いなしです。

いずれは授業でも詳しく学ぶ内容ですので、

予習にもなっちゃいますね。

目の錯覚を利用した錯視アート

少し美術的分野にもなりますが、

目の錯覚を利用した錯視アートを描いてみるのもおもしろそうです。

ただ描くだけではなく、どうして錯覚が起こるのか、

錯視アートのどの点が錯覚させているのか、などについても

詳しく調べられるとより良い自由研究になりそうです。

腕の筋肉の構造標本

ストローや割りばし、ゴムなどを使った腕の筋肉の構造を作ってみる、

というテーマもあります。調べてみると、

いろんな素材を使った手作り品があるようなので、

いろいろ探してみていくつか作ってみると比較材料になりそうですね。

実際の腕の動きと比べてみてもおもしろそうです。

学びとまとめ

さて、自由研究の理科のテーマ、生物系についてご紹介してきました。

生物系は私たちの身近にあるものがテーマとなりやすく、

実験が苦手、という人もじっくり調査したり

調べ物をたくさんしたりして完成させることができるテーマも多いです。

身近なものなので、予想が立てやすく、

考察もしやすいのもポイントですね。

自由研究のテーマがなかなか見つからないときには、

身近な生物に目を向けてみましょう。

【関連記事】

自由研究中学生理科!氷の溶け方をテーマに1日で仕上げきる!

自由研究中学1年、理科を1日でまとめるテーマ4選はこれ!

自由研究中学生社会!簡単に1日で仕上げるテーマ5選はコレ!

自由研究まとめ方中学生の例!ポイントはグラフの置き換え?

自由研究のまとめ方!中学生の例とテーマ選びの極意とは?

 

 

スポンサーリンク