466409

高熱が出たり、身体が痛くなったり…

インフルエンザにかかると本当につらいですよね。

予防接種をしても、

手洗いうがいに努めていても

誰しもインフルエンザは避けられません

インフルエンザは、いつ頃に流行しているか

気をつけるべき流行の時期を確認していきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

インフルエンザの流行時期

インフルエンザは毎年同じような時期に流行するので、

例年のデータから今年の流行時期を予測することができます。

インフルエンザの流行ピーク

東京都感染症情報センターによる

過去5年間のデータを見てみると、

インフルエンザの流行のピークは、

だいたい1月~2月です。

今季の流行時期は、

2017年の12月後半頃から少しずつ流行り始め、

2018年3月までと考えられます。

特に流行のピークとなるのは1月下旬頃

患者報告数が急増する時期なので、特に注意が必要です。

もちろん地域によって多少の差はあるでしょうが、

4月半ば頃には、すっかり落ち着いていますね。

国立感染症研究所では、厚生労働省事業の一環で、

全国約5,000の定点医療機関を受診した患者数を週ごとに発表する

「インフルエンザ流行レベルマップ」が報告されています。

 

インフルエンザの流行は例年12~3月の理由

インフルエンザウイルスは、

実は一年中空気中に存在しています。

冬になると猛威をふるうのは、温度と湿度が原因です。

インフルエンザが流行る条件

温度と湿度

ウイルスが空気中に長時間生存していられるのは、

気温10℃前後、湿度20%前後になります。

乾燥

ウイルスは乾燥状態の方が遠くまで飛ぶことができるので、

大半の感染は、せき・くしゃみによる飛沫感染です。

喉粘膜の機能の低下

適度な湿度の時はウイルスの侵入を防いでくれる

喉の粘膜も乾燥により防御機能が低下します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

インフルエンザは春にも流行る?

先述のとおり、インフルエンザは冬に流行のピークを迎えますが、

4~5月など春に流行る場合もあります。

春になって患者数が減っても、

寒さがダラダラと続く年はウィルスが残っているうえ、

11月~12月に打った

インフルエンザのワクチンの効果も低くなっています。

流行時期のピークを過ぎても、

インフルエンザに感染することがあるので、

油断することなく引き続き注意が必要です。

インフルエンザの流行時期は風邪とは違う?

寒くて乾燥した時期に流行するのは、

風邪のウィルスも同じですので、

風邪とインフルエンザは同じ流行でしょうか?

インフルエンザは、咳や鼻水、

くしゃみなどの風邪と同じ症状も出ますが、

他に高熱、関節痛や筋肉痛などの全身症状もあるうえ

脳炎や肺炎など、

小さな子や高齢者といった免疫力の低い人が、

まれに、重症化するケースもあります。

風邪はポツポツ流行りますが、

感染力が非常に強いインフルエンザは流行が始まると、

短期間のうちに、一気に感染が拡大します。

 

学びとまとめ

このインフルエンザ、北半球では12月から3月、

南半球では4月から9月に流行するといわれています。

ここ数年、海外旅行が一般的になったことや、

日本を訪れる外国人が多くなったことで

南半球での流行が日本に影響しているのか、

日本でも思いがけない時期に流行することもありますね。

正しい知識と情報をもって、

流行時期が近づいたらきちんと予防しましょう。

【関連記事】

【その原因Xにあり】ほうじ茶と腹式呼吸でインフルエンザ対策

【世界一受けたい授業】ゴールドキウイはインフルエンザに効果的?

インフルエンザ異常行動の原因は?何歳の幼児が注意?

インフルエンザ 職場復帰はいつから?

 

 

スポンサーリンク