1月13日金曜日に放送されたその原因Xにありでは、

インフルエンザの驚くべき、新常識がありました。

1月に入るとインフルエンザの患者数がはねがあがり、

ピークに達してしまいます。

ぜひ、インフルエンザ緊急対策で

免疫力をアップさせましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

インフルエンザの驚異

潜伏期間で短く、ウイルスの増殖が速い特徴があり

インフルエンザは風邪と違って、

爆発的な増殖力があり毎年恐れられています。

咳1回で約5万個が飛散し、

くしゃみで約10万個が

約90cm~1.5mまで飛びます。

乾燥した状態では空気中をウイルスが

約24時間浮遊します。

インフルエンザ増殖

インフルエンザは自分の力で増殖することができないので、

人間の体内に侵入したら細胞をのっとり、

DNAをコピーする力を利用して

インフルエンザウイルスを増やせと命令をだすことで、

たった1個のウイルスを約1000個にまで増やしてしまいます。

24時間で約100万個に増えてしまいます。

インフルエンザはNK細胞のニート化

そんな脅威にウイルスですが、

私たちにはもともと備わっている細胞が

どんなインフルエンザウイルスの型でも退治してくれます。

NK細胞

身体を守るのはナチュラルキラー細胞=NK細胞は、

外敵がいないか常に警戒している細胞です。

インフルエンザや風邪だけではなく

がん細胞も激減させてくれます。

インフルエンザにかかりやすい人は、

NK細胞がニート化して機能していない状態となっています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

インフルエンザにほうじ茶

NK細胞は活性化

水を飲んで小腸から吸収されて

免疫細胞を刺激して、NK細胞が活性化されます。

寝起きと朝・昼・夕食事の際4回、

250mlづつ温かいほうじ茶を飲みましょう。

ほうじ茶には、腸での吸収がよく、利尿作用が少ないという

利便があります。

ほうじ茶でも、ただの水でも大丈夫です。

インフルエンザ対策は腹式呼吸

活性化されたNK細胞を全身に送るには、

3日間、腹式呼吸で免疫力がアップします。

腹式呼吸のやり方

  1. リラックスした状態で横になり、おなかに手をおく
  2. 鼻から息を大きく吸い、ゆっくり10秒ほどかけて口から吐き出す

コツは、お腹を手でおして、腹筋を意識できます。

学びとまとめ

ワクチンはあくまでもその年の流行する型を予想して

作られているので、予想は外れることもあります。

そもそも免疫力をたかめるためにお茶をのんで

インフルエンザに負けない体を作りましょう。

【関連記事】

インフルエンザ(2016-2017) 流行る時期はいつ?

インフルエンザ(2016-2017)高熱期間はどのくらい?

世界一受けたい授業】ゴールドキウイはインフルエンザに効果的?

 

 

スポンサーリンク