桃の節句のひな祭りといえば、ひな人形ですよね。

ひな人形を飾りだすと子供たちはソワソワして嬉しそうです。

ついつい壊れやすい繊細なひな人形をさわってしまいます。

そんなひな人形のひな壇の飾りを折り紙で作れば

小さな子供が手を触れても安心です。

玄関や家中どこにでも飾って、

より楽しむことができますよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ひな祭りの折り紙を楽しむ

日本の伝統的な文化であるを折り紙で

ひな祭り飾りを作ることは季節の行事の素晴らしさや大切さを

子供たちに伝えることができます。

ひな祭りぼんぼり( 電気)の折り方

ひな人形は愛らしいお人形が一番ですが、

脇役でもあるぼんぼりがお雛さまの左右に置いてあるだけで、

ひな人形飾りがぐっと雰囲気でますよね。

ぼんぼりの折り方その1

本物のぼんぼりとは違った

折り紙ならではのぼんぼりのよさを演出できます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ぼんぼりの折り方その2

折り紙でも簡単にぼんぼりが折れますので、

色を選ぶ楽しみもあります。

 

 

ぼんぼりの折り方その3

玄関や、リビングなど

ちょっとしたところに添え置きして

飾ってもステキですね。

 

 

学びとまとめ

折り紙は指先を使うので、脳への刺激となり、

発達にとても効果があります。

ひな祭りには、親子でコミュニケーションを楽しみながら

折り紙を楽しんでみてはどうでしょうか。

女の子の健やかな成長を祝うひな祭りがより待ち遠しいですね。

【関連記事】

ひな祭りは折り紙で花を立体に!艶やかに祝おう

 

スポンサーリンク