582105

11/8は、いい歯の日です。

ということで、11/8火曜日NHKあさイチで、歯を長持ちさせる歯みがきの極意が紹介されました。

自分の歯を大切にして、何歳になっても健康に好きなものを食べていきたいですよね。

 

スポンサーリンク

 

歯科衛生士の2つのポイント

歯科衛生士の細田江美子さんが教えてくれたのは、ブラッシングと歯磨き剤とのポイント2つです。

いかに歯磨き粉のフッ素を口の中で長時間、均一に保持するかが重要です。

フッ素入りの歯磨き剤

最近の歯みがき粉の95パーセント以上にフッ素が含まれているので、ほとんどフッ素入りってことですね。

でも、心配な方は裏側を確認すれば、

フッ化ナトリウムやモノフルオロリン酸ナトリウムなどの表記があるものがフッ素入りの歯みがき粉になります。

歯みがき剤の量

歯みがき粉の量は、フッ素を口のなかに届けるためにたっぷり使ってください。

結構、歯ブラシの半分くらいとか、先端程度のかた多くないですか?

歯磨き粉の量は数字にすれば、0.5グラム以上つけるのがポイントです。

これはいままで使っていた量よりはるかに多めだと思います。

さらに歯を磨く前に、歯磨き粉をまんべんなく歯に塗るとフッ素の効能がUPします。

歯磨き剤を歯にまんべんなく塗って、フッ素の効能を高めるます。

ブラッシング

歯ブラシはぬらさない

歯磨きの前ってつい歯ブラシをぬらしてしまいませんか?

正しくは、フッ素をしっかり歯に届けるためには、歯ブラシはぬらさず、

歯ブラシをぬらすと、せっかくのフッ素の濃度が薄まってしまうので、

歯と歯ぐきのすき間に歯ブラシの毛先を斜めに、45度にあてて、同じ場所を往復20回以上磨きましょう。

力をいれずに、そっと磨くことを心がけましょう。

歯を長もちさせる秘訣

歯磨き粉を、歯全体に塗る

虫歯予防に効果的なフッ素を口の中に届けるため、歯磨き粉はたっぷりつけて、歯に塗ります。

歯磨き粉をまんべんなく歯に塗ることで、歯磨き後、フッ素が粘膜の表面に一時的に蓄えられ、

唾液に少しずつ放出されて、歯に届き、時間にすれば2時間ほども歯を守ってくれます。

このはのフッ素は時間の経過とともに減ってきますが、少しづつだ液によって粘膜から歯に届けられ、

歯を守ってくれます。

口の中は、歯の面積よりも粘膜の面積のほうが多いので、歯磨きの後のフッ素は、

終わったあといろいろなところに蓄えられて、歯とその周辺の粘膜に届けられます。

 

スポンサーリンク

 

意外なゆすぎ方のスゴ技

歯みがき剤だけでなく、意外にもうがいにスゴ技がありました。

せっかかくフッ素入りの歯磨き剤で磨いたので、ゆすぐときもフッ素を減らさないようにしたいのです。

歯磨きが終わって泡を吐き出したあと、ゆすぐときは大さじ1杯ほどの少量の水で5秒間口をゆすぎます。

すっきりするまで念入りにゆすいでしまうと、口の中のフッ素濃度が下がってしまうので、

がんばって、何回もうがいをしなくてもいいのです、

歯磨き後もフッ素を口の中に多くとどめるようなゆすぎ方にしましょう。

フッ素の働き

フッ素の働きは、虫歯菌の働きを弱めることだけではなく、

歯から溶けだしたカルシウムやリンが、再び歯にくっつくのを促進する二つがあります。

たくさんの歯科医も歯磨き剤はこのフッ素入りをおすすめしています。

学びとまとめ

研磨剤が入っている歯磨き粉では、少量で磨かないと歯を傷めてしまうという考え方や、

食後すぐに歯を磨くとよくないという考え方もあったりと、いつ歯磨きすればいいのか疑問ですよね。

歯磨きは、3食の毎食後毎が3回が理想ですが、実は寝る前の寝る前の歯磨きがもっとも大切なんです。

寝ている間は、だ液が少ないので口の中で虫歯菌が繁殖しやすい状態になっていますので、

フッ素が粘膜にとどまる時間も長いというわけです。

【関連記事】

赤ちゃんに歯が生え始める兆候は?乳歯の虫歯予防対策

子供の虫歯の予防の5大ポイントでは歯磨きよりも大切なこととは?

 

スポンサーリンク

 

 

丸めておしつぶて30秒
お手入れ

羽毛が呼吸して、一晩コップ1杯の汗をかいている

汚れた空気をぬくことだけで、不毛布団がふわふわ
片づける時は 圧縮袋などにいれず、 買ったときの不織のにれる