475937

今まで、日本人にはそれほど馴染みの深くないイベントだったハロウィンも、

近年は10月になるとどこもハロウィン一色ですよね。

ハロウィンといえば、かぼちゃおばけ、魔女、お菓子のイメージが強いですが、

なぜハロウィンのシンボルがかぼちゃなのか、由来をご存知でしたか?

そんな、ハロウィンの由来を

起源前までさかのぼって謎を紐解いてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ハロウィンとは?

10月31日に行われるハロウィンですが、

外国のお祭りぐらいとしか知らない人は多いかもしれませんね。

ハロウィンは、紀元前アイルランドに住んでいた

古代ケルト人の収穫祭が起源とされています。

古代ケルト人は、新年と、長い冬を迎えるにあたり、

その年の収穫を祝い、悪魔や魔性を追い払う祭りを行なうという

独特の文化と宗教とを持っていました。

11月1日からが新しい年が始まり、

その前夜である10月31日は亡くなった人達の魂が、

この世に帰ってくる日でもあり、秋の豊作を願う収穫祭でありました。

ハロウィンを日本の行事に例えるとお盆のような風習なので、

大晦日と一緒になった感じですね。

家畜や農作物を荒らし、子供をさらったりする悪霊に

いたずらをされないようにと、魔除けの焚火をたいたり、

仮面をつけたりしていた儀式と、

この後にお話するジャック・オ・ランタンの伝説が混ざったものが、

現代のハロウィンと言われています。

このお祭りの前日、つまり10月31日の事を「Hallow eve」 と言い、

これがなまって「Halloween(ハロウィン)」になったのだそうです。

 

ハロウィンのカボチャお化けの由来

仮装と並んで、ハロウィンのもう一つのイメージはの”黄色いかぼちゃ”。

中身を繰り抜いて、オバケの顔をして、

中にロウソクの火を灯されているかぼちゃを、

ジャックランタン(Jack-o’-Lantern)と言います。

秋の収穫や悪魔祓いの儀式として行われていたもので、

当初はカボチャではなくカブを使っていました。

しかし、ハロウィンがアメリカに伝わった際に、

当時のアメリカはカブに余り馴染みがなく一般的ではなかったために、

代わりにたくさん獲れていたかぼちゃを代用して作ることになりました。

そして、このアメリカ式が世界中に広まったため、

ハロウィン=カボチャという認識になったと言われています。

ジャック・オー・ランタン

ハロウィンと言えば有名なカボチャのお化け

(ジャック・オウ・ランタン)の お話を知らない方がほとんどではないでしょうか。

日本語に訳すと、吊り下げ式のランプを持っている男、

という意味になり今では「かぼちゃで作ったランタン」のことを言いますが、

実は「ランタン(ちょうちん)のジャック」という意味なのです。

ここで、ジャック・オー・ランタンの

「ジャック」にまつわる物語をご紹介しましょう。

ろくでなしのジャック

昔、アイルランドに住んでいた、ひどい酒好きで乱暴者だった

ろくでなしのジャックのもとにあるハロウィンの夜、

魂を取りに来た悪魔がやってきます。

そこで魂を取られる前に酒を飲みたいと悪魔に願い、

聞き入れた悪魔は酒を買うためのコインに変身したところジャックは

悪魔を財布に閉じ込めて捕らえてしまいました。

財布から解放する代わりに、10年間はジャックの魂を取らないことを約束させ、

巧みに騙し追い払います。

再び10年後にジャックの前に悪魔が現れますが、

今度はリンゴが食べたいとジャックは言い、

またしても悪魔はこれを聞き入れ、

リンゴの木に登り、悪魔が登ったところで

ジャックはリンゴの木に十字架を書き、

悪魔をリンゴの木から降りられなくしてしまい今度も、

悪魔に自分の魂を取らないことを約束させるのです。

やがてジャックも息を引き取る日がきましたが、

生きている間の行いが悪かったので、

天国には行けず、地獄に行きました。

すると、地獄には昔騙したあの悪魔がいて

「約束通り、お前の魂は取らない。だから地獄にも入れない」と、

ジャックを追い払らい地獄に入れてくれませんでした。

天国にも地獄にも行けず行き場を失ったジャックの魂は、

暗いその道を戻るジャックは、

道を照らす明かりが欲しいと悪魔に願いでました。

悪魔は願いを叶え、ジャックに地獄で燃えている

火の塊をジャックに与えました。

落ちていたカブをくりぬいた中に、

悪魔に頼んで分けてもらった地獄の火を入れてランタンに灯し、

この世とあの世を彷徨い歩くようになりました。

ジャック・オー・ランタンの起源は

今では定着しているかぼちゃではなく

カブ をくりぬいて作ったものでした。

そして、このジャックが持っていたランタンが、

いつしか「魔除けの火」として伝わり、

ハロウィンに飾られるようになったそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ハロウィンで仮装をする意味は?

古代ケルト人は、ハルウィンの日に

地上をさまよい歩き悪さをしにやってくる魔物を恐れて、

「同じ魔物で、人間ではなく仲間ですよ」とアピールするために

魔物と同じ格好をして難を逃れようとしました。

これが仮装の始まりと言われています。

ハロウィンの由来の説明でも出てきましたが、

もともとのサウィン祭では、悪霊や魔女を追い払うために

仮装をしていたとされています。

その風習と、ジャック・オー・ランタンの物語が結びついて、

現在のようになったと言われています。

お菓子を上げる風習

ハロウィンでは子どもたちが仮装して

トリックオアトリート~!

といいながらお菓子をもらいに走り回ります。

Trick or Treatとは直訳すると

「いたずらをされるかおもてなしをするか

という意味になりますが、

では、なぜ仮装をしてお菓子をもらうのでしょうか?

 

このお菓子をもらう行為は、

中世にお祭り用の食料をもらって歩いた名残だとも、

祭り用の食料の残りを子どもたちが貰って歩いたからだとも言われています。

家の中に魔物が入ってきたら困るので、

ご機嫌よく帰ってもらうためにお菓子をあげるようになりました。

アメリカにハロウィンの風習が伝わると、

ジャックが持つランタンはカブからかぼちゃにかわり、

仮装して町を練り歩き「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」と

子どもたちが叫んで、お菓子をもらう行事に変わりました。

ハロウィンは「 お菓子をもらう日 」ではなく、

秋の収穫に感謝するお祭りってことですね。

学びとまとめ

日本とは直接関係の無いハロウィンが

近年盛り上がってきている東京ディズニーリゾートや、

USJのハロウィン仮装パーティなどが

定番のイベントとして爆発的に広がりを見せ、

年々ハロウィンが浸透してきたことが背景としてあるのではないでしょうか?

ずっとずっと昔にできたお祭りが紀元前から現代へ、

ヨーロッパからアメリカへ、

そして日本へきたこと、ハロウィンの由来や、

かぼちゃはなぜ使われるのかといったことを、

子どもたちに話してあげると、

ハロウィン=かぼちゃというのは元々はカブだったことに驚くかもしれませんね。

ハロウィンのイベントを仮装やお菓子配りだけでなく、

由来も知るとまた違った楽しみかたがあるかもしれませんね。

【関連記事】

ハロウィン(2016)仮装する子供に手作りする4つの方法

ハロウィン おばけの種類はいったいどれくらいある?

 

スポンサーリンク