残ったごはんや

食べきれなかったごはんを冷凍される方も多いと思いますが

いざ解凍してみると美味しく食べれないことありますよね。

そこで美味しいごはんの冷凍保存方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ごはんの保存方法

ごはんは精米後、2~3週間までは

美味しく食べられると言われています。

お米が入れられて販売されているお米袋は

小さな穴があいているので、お米は空気をすっています。

お米を美味しく保存するには

ペットボトルや、ジップロックなどの保存袋で

密閉して冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

これで空気にふれず酸化しにくくなります。

常温で

冷蔵庫での保存が難しい場合は、

常温でも密閉して涼しい場所に保管して

鷹の爪とうがらしをお茶袋にいれてお米のなかに入れておきましょう。

お米の虫は、鷹の爪の香りを嫌う為防虫対策となります。

おこめの計量

計量カップに山盛りにお米をいれると

カップをトントンとすると山盛りのお米が

平らになります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ごはんの粗熱

余ったごはんの粗熱をとってから

冷ましてから冷凍していませんでしたか?

ごはんを美味しく冷凍するポイントのひとつに

炊き上がったホカホカの状態で冷凍しましょう。

お米というのは炊き上がった後も、

時間を追うごとに酸化してしまうので

炊き上がったごはんをすぐに冷凍にうつします。

ごはんを包む

およそ一人分、一食分の量のごはんを

おにぎりのようにぎゅっと敷き詰めずに

薄くひろげて、

サランラップをふわっと包み込みましょう。

アルミホイル

サランラップでアルミホイルで

冷凍庫にあるまわりの食材を痛めないことと、

アルミの伝導率により急速冷凍が可能となります。

瞬間冷凍技術と同じになります。

学びとまとめ

アルミホイルは、冷凍庫にあるアルミパットの役割があるんですね。

ごはんを冷まさないというのは、とっても意外ですが、

今度からは炊き上がってからすぐに冷凍してみましょう。

【関連記事】

新米2017の時期は?炊き方のポイントは水の量は少なめ?

【あさイチ】おにぎりはラップで握って、アルミホイル包め!

スポンサーリンク