2017年6月21日水曜日放送のためしてガッテン

テーマはごぼうでした。

日本だけで親しまれているイメージが強いごぼうですが、

ヨーロッパの北東部にあるセルビア共和国では

どこにでも野生のごぼうが生えていて

健康食として活用されています。

ごぼうをすりおろしたすりおろしごぼうは

万能調味料になったり、

ごぼうを冷蔵庫での保存期間 で甘さがかわるという新事実まで

ごぼうの活用術をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ごぼう大好き日本人

 

福岡県福岡市の名物であるごぼ天うどん、

東京都浅草でも

どじょう料理ににかかせない野菜として

ささがきにしたごぼうをどじょう鍋でいただきます。

 

ごぼうは食物繊維が豊富

ごぼうは動物性食品を排出する働きがある

水溶性と不溶性の食物繊維が両方とも大量にバランスよく含まれ

他の野菜と比べてもダントツです。

いわゆる食物繊維の力が大きい野菜です。

水溶性の食物繊維が

糖の吸収を緩やかにして

血糖値の上昇を抑制する働きがあります。

ごぼう茶

乾燥させて粉砕したごぼうをお湯でもどすごぼう茶は

脂っぽいお肉料理にぴったりなうえ、

健康茶として人気急上昇です。

ごぼう茶の作り方

  1. ごぼうの皮をむかず薄く切る
  2. 乾燥するまで天日干し
  3. フライパンでから炒りすると風味がます
  4. 熱湯を注ぎ5分ほどまてばごぼう茶の完成

 

 

 

ごぼうの素揚げ

ごぼうそのものの甘さ、香り

味が一番わかりやすいお料理は

ごぼうの素揚げという生産農家の方々がおすすめします。

作り方

  1. ごぼうの皮はむかない
  2. 長さ5cmに切りそろえる
  3. 太いところは4等分、細いところは2等分
  4. 片栗粉をまぶして、160℃で6分揚げる

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ごぼうの冷蔵庫での保存期間

ごぼうは春に食べると甘いことが

ごぼう農家である生産者の人たちが気づきました。

秋に収穫して冷蔵庫に半年間冷蔵で保管しておき

春に生産者が発見した甘くて激ウマごぼうに変身!

買ってきたごぼうを冷蔵庫に保存するだけです、

冷蔵庫に1カ月ほどで甘みがましてきますが、

半年を期限に日増しに甘さが強くなってきます。

注意点

乾燥をふせぐために買ったときの保存袋のまま

チルド室でも野菜室でもどちらでも保存OK

土つきごぼうのほうが長く日持ちしますが、

洗いごぼうは1カ月を目安に使いましょう。

すりおろしごぼう

すりおろしたごぼうを

 

料理にスプーンひとさじで

風味とコクがます万能調味料に変身します。

ノンアルコールビールにごぼう入れて

コクと深みがでて、

風味がます美味しいビールに変身しました。

材料

  • ごぼう200g
  • 水 100ml

 

作り方

  1. ごぼうは5mmほどの薄切りにして
  2. 水と一緒にミキサーへ
  3. 生のままで渋みが強いので
  4. 油をひかずにフタをして強火で2分加熱

 

ミキサーを使わずすりおろし器をつかうなから

ごぼうの口たりが悪い

繊維質残らないように目の細かいものが最適

保存

保存袋のジッパーで冷凍保存

使いたいときに使いだけ使用しましょう。

学びとまとめ

ごぼうの保存期間の新事実には驚きです。

これからはごぼうを余っても早々と使い切らず

冷蔵庫のかたすみでじっくり保管しておくといいですね。

【関連記事】

蕎麦の実食べ方、そのままの殻付きではなく揚げてみよう!

酢卵の作り方と効能!穀物酢と黒酢は使っても大丈夫?

【ためしてガッテン】柿ピーで長生き?ピーナッツの健康パワー!

 

 

スポンサーリンク