国内最大級のピアノコンクール、

グレンツェンピアノコンクールが今年も開催されます。

地区大会、全国大会では一流のホールでの演奏は、

日々レッスンをかさねる子供たちにとてもいい刺激になることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

グレンツェンピアノコンクール

第27回コンクールも引き続き、予選から全国大会まで

1年をとおして各地区でグレードのたかいホールで開催されることが

特徴です。

金・銀・銅・優秀・準優秀各賞受賞者が本選出場資格を取得で

本線の全国大会へすすめます。

コンクールのレベル

1コンクールにつき、3分の2ぐらいの子は予選を通り

半分が準優秀賞、準優秀賞の半分ぐらいが優秀賞、

後は金銀銅賞です。

他のコンクールでは努力賞など賞が取れなかったりする子でも

銅賞や銀賞、金賞などを取り、本選に進むことができるので、

それほど高くはないと思います。

コンクールのレベルでいえば

かなりレベルの高いピティナで奨励賞など

賞を取れるぐらいのレベルならば本選に行けると思います。

全国大会の比率

普通に弾ければ準優秀賞で次の大会の出場権は得られます。

ある程度のレベルで優秀賞、上のレベルでは金銀銅となります。

準優秀賞だとかなり練習しないと、次に残るのは厳しいと思うので、

予選通過ラインの目安は優秀賞以上といったところでしょう。

このコンクールで予選金賞、地区本選銀賞を取れると

他の名だたるコンクールでは本選に残れることも多いと聞きます。

グレンツェンピアノコンクール幼児2017の曲

全て暗譜で演奏します。

幼児コースに限らず、どの部門もAよりBの方が少し難しめになってます。

 

幼児A 「 ジョンにいさん 」
※リピートしません
( アルフレッド・ピアノライブラリー 導入コース レッスンブックレベルC )::全音
幼児B 「 きらきらぼし Ah! Vous dirai je maman 」
( 5指ポジションで弾く FUN!FUN!ピアノステージ 〔ソロと伴奏〕 1巻 )::全音

グレンツェンピアノコンクール公式サイトより

 

 

スポンサーリンク

 

 

グレンツェンピアノコンクールと幼児のレベル

就学前の園児でおすすめは、

年中児であれば今年はグレンツェンピアノコンクールに挑戦し、

来年はピティナに挑戦するというステップアップもいいと思います。

深い解釈を必要とせず簡単に弾けるレベルの短い課題曲1曲を

グレードの高いホールで演奏してがんばれば入賞できるという

自信を持たせてくれるコンクールです。

受賞できれば、勇気づけられピティナに進みやすくもなります。

このコンクールも捨てたもんじゃない

このコンクールを聞きに来ていた一流ピアニストに見初められ、

有一のお弟子さんになった子がおられるそうですので、

決してレベルが低すぎるものでもないと思います。

当たり前ですが、レッスンをきちんとこなさなければ賞は取れません。

学びとまとめ

コンクールは沢山ありますが、

グレンツェンはちゃんとしたコンクールで、

しっかり審査していただけます。

子供にとって、励みになって良いのではないかと思います。

【関連記事】

バッハコンクール2017全国大会のピアノレベルはどれくらい?

ピアノコンクールピティナ難易度は?予選通過の割合は?

【ピアノ発表会の曲】年長児にぴったりなおすすめ7選

子供が習い事するなら、ピアノとバイオリンならどっち?

 

スポンサーリンク