7c418ad12916be8b26f94fe03e100fae_l

夏休みの宿題で子どもたちのあたまを悩まし、

ギリギリまで残ってしまう代表課題として

読書感想文がありますよね。

とくに小学生低学年は、

「感想文って、何を書けばいいの?」と

悩んでしまいます。

でも感想文は、ちょっとしたコツを覚えるだけで、

誰にでもスラスラ書けてしまうものなんですよ。

感想文を書くためのヒントとコツで、楽しく書いてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コツ1 読んだ本を紹介しましょう

感想文を読む人に、自分がどんな本を読んだのかを

教えてあげるつもりで本を紹介しましょう。

(本の題名や人の名前は間違わないようにきちんと確認しましょう。)

文のかたちでいえば、

ぼくは『~~~』という本を読みました。

この本には、△×□という男の子がでてきます。

このお話は、海のなかのお話です。

といった感じでいいでしょう。

また、その本との出会いも書いて見ましょう。

図書館や書店で表紙を見て気に入ったとか、

お母さんに薦められたとか、など具体的なエピソードを入れて

できるだけ短い文で説明しましょう。

コツ2 本の内容を書きましょう

読んだ本は何のテーマについて書いてあったのか、内容を書きましょう。

こんなお話だった、こんなことが書いてあった、

本の中の人がこんなことを言っていた

この本のすきなところはこんなところ、一番おもしろいところ

お話のかなで気になったところを見つけて書きましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コツ3 自分がどう思ったか?

コツ2でたくさんの発見や気づいたことについて、

自分がどう思ったか?を書いていきましょう。

ここが感想文の大切なこころになってきます。

「どうしてかな?」

と不思議に思ったこと、疑問に思ったこと

本を読んでもっと知りたいと思ったこと

「こんなことが書いてあったところが好き」

「こんなところ、気になった」

気づいたこと、発見したこと

 ↓

思ったことを書けたら次に、

どうしてそう思ったのかを続けてみましょう。

 

「もしかすると~だからかもしれません」

「なぜ不思議に思ったかというと~」

「気になったのでわけを考えて見ました」

「もしもぼくだったら~」

文の中の場面やエピソードを例にして理由を説明したり、

自分の体験を例にしたりして、自分の感想をより詳しく説明することになります。

最後にまとめる

どんなことでもいいから、

自分の言いたいことを一つだけずばり書きましょう。

文のかたちでいえば、

 

ぼくはこの本をよんで~

だから、~だと思います

 

感想文をまとめるはたらきとなる

とても重要な一文となります。

学びとまとめ

なぜ読書感想文という宿題があるのでしょう。

感想文はきらいだけど、

本を読むことは好きという子もいれば、

感想文がきらいになれば、

本を読むことも嫌いになってしまうかもしれません。

読書感想文を上手に書くことが本来の目的ではなく、

本が好きになってたくさんの本に読んでほしいという思いも

あるのではないでしょうか。

本を読むということは、心が豊かになります。

心が豊かになるというのは、いろいろな考え方を持てたり、

考え方を受け入れることができるようになったり

やわらかい頭脳の基盤となります。

本を読むということによって、

他者の考えであったり意見をうけいれ自分の考えや感想をもつ。

これが生きていくうえでとても大切な能力が

身につけられるのではないかと思います。

【関連記事】

高学年の読書感想文はこちらから

読書感想文書き方のコツ、小学生高学年の組み立て方のポイント

夏休み自由研究テーマの小学生1,2年生のヒント10選

 

 

スポンサーリンク