3月15日水曜日放送のためしてガッテンでは、

痛みや、自覚症状がほとんどなく

症状がでたときに手遅れになることが多い大動脈瘤は

身体からの意外なサインで早期発見することができます。

簡単テストとポイントをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)

大動脈とは

心臓から新鮮な血液を全身に送り出す

直径2~3cmの血管のことをいいます。

大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)

自覚症状がほとんどなく

血管にコブが大きくなってしまいます。

身体の上部を胸部大動脈瘤、

下部を腹部大動脈瘤といい

最悪の場合は、破裂してしまいます。

動脈硬化の人にもできやすいが、

血管の病気や感染で起こることもあります。

胸部大動脈瘤

年間の手術件数はおそよ1万件といわれる大動脈瘤ですが、

5人に1人の人が 声のかすれを感じていたことがわかりました。

大動脈と声帯

喉の奥を診察すると発見することができる大動脈瘤

神経が大動脈を経由しているので、

大動脈瘤ができると圧迫して脳から声帯への指示が

うまく伝えられなくなり、声がかすれてしまう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

声のかすれを知るポイント

原因に心当たりなく声のかすれが1週間続いたら

テストしてみましょう。

「あ~」テスト

  1. 楽な姿勢をとる
  2. 息を思い切り吸う
  3. できるだけ長くあーと言う(小さな声でもOK)

老化が原因で声がかすれることもありますが、

10秒以下は耳鼻咽喉科でかすれの原因をみてもらいましょう。

反回神経麻痺の場合は、片方の声帯が動いていないので

声帯がきっちり閉まらない

一息で長く出すことができなくなります。

学びとまとめ

声のかすれに恐い病気が隠れていることがあるので

原因に心当たりがなければ身体からのサインを見逃さずに

医療機関の診断を受けましょう。

【関連記事】

【ためしてガッテン】柿ピーで長生き?ピーナッツの健康パワー!

更年期症状手足に違和感が感じて不思議?胸の痛み関係ある?

【あさイチ】口内炎の治し方!即効で効くには薬を使い分けよう

【あさイチ】片頭痛は子供にも!体操で予防できる?

 

 

スポンサーリンク