d338d9037a2f013bde5188d881cc962c_s

一年を通して夕食の定番メニューで、

カレーライスは欠かせませんよね。

特に年末年始、おせち料理に飽きたころ、

むしょうにカレーライスが食べたくなったりしませんか?

そこで、いざカレーライスを作ろうと思ったけど、

カレーライスを作る順番てこの順番であったるんだっけ?

今更周りの人に聞くのは恥ずかしいし…

というあなたのために

基本的なカレーの作り方をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

基本的なカレーライスの作り方

今更周りの人に聞けないカレーの作り方、

順番をまとめてきっちりご紹介しますね。

材料

  • 肉 250グラム
  • 玉ねぎ 3個
  • じゃがいも 3個
  • 人参 1本
  • 市販カレーのルウ 120グラム

作り方

  1. 人参、じゃがいもを一口大に乱切りにし、玉ねぎは薄切りにします。
  2. フライパンに油を引いて玉ねぎを炒めます。
  3. 玉ねぎがしんなりしてきたらお肉を炒めます。
  4. お肉に火が通ったら人参、じゃがいもを入れ炒めます。
  5. 全体に油が回ったら鍋に移します。
  6. 鍋に移した材料に水が少し多めに被るぐらいまで入れます。
  7. 強火でコトコト煮込みます。
  8. 少し経つとアクが出るのでアクを取り除いて中火または弱火で人参、じゃがいもに串がスッと入るぐらいまで煮込みます。
  9. 鍋にルウを入れ混ぜます。
  10. ルウを入れると焦げ付きやすいのでき混ぜながら15分〜30分ぐらい煮込めば完成です。

これで基本のカレーの作り方はOKです。

 

 

時短&美味しいカレーの作り方

基本のカレーでも十分美味しいですが少し工夫するだけで

時短で美味しくカレーが出来ちゃいます。

材料

  • 肉 250グラム
  • 玉ねぎ 2個
  • じゃがいも 5個
  • 人参 1本
  • ルウ 120グラム
  • はちみつ 適量
  • しょうが 適量
  • にんにく 適量

作り方

  1. じゃがいも、人参を一口大に乱切りにします。
  2. 玉ねぎは半玉を少し薄めに切りその他は少し分厚く切ります。
  3. じゃがいも、人参を別々にラップに包みレンジで3〜4分温めます。
  4. 少し薄めに切った玉ねぎを油を引いたフライパンで飴色になるまで炒めます。
  5. 3にお肉を加えて炒めます。
  6. お肉に火が通ったらレンジで温めたじゃがいも、人参と残りの玉ねぎを加えて炒めます。
  7. ある程度炒めたら塩胡椒、鶏ガラで多少味をつけます。
  8. 6を鍋に移し具がひたひたになるぐらい水を入れます。
  9. 強火で5分程度煮ていくとアクが出るのでアクを取り除きます。
  10. アクを取り除いたら、中火で15分程煮込みます。
  11. 煮込んだらカレーのルウを入れます。
  12. カレーのルウを混ぜながらはちみつを2〜3周入れて、しょうが、にんにくも3センチ程度入れ混ぜます。
  13. 鍋の底が焦げ付かないように15分程度混ぜたら完成です

じゃがいも、人参をレンジで温めておくことで

煮込む時間を短縮できるメリットがあります。

はちみつで甘み、とろみ、コクを出し

しょうが、にんにくでアクセントを加える事で

クセになる濃くのある味に仕上がります。

とても美味しいので大人も子供も大喜びです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

人気のカレールー

市販のカレールーは美味しく出来上がるので、本当に便利です。

最近の市販のカレールーは種類が多くて、

どれを買おうか迷ってしまいます。

とろけるカレー(S&B)

旨み凝縮製法は製造時の水分量を抑えた製造方法で、

野菜とビーフブイヨンのコクが美味しいです。

ザ・カリー(ハウス食品)

甘口には赤ワインの他にとマンゴーが配合されていて、

別添のブイヨンペーストのおかげで、

手間暇かかった美味しいカレールーです。

ディナーカレー(S&B)

ちょっと値段がお高めですが、

付属のフォン・ド・ボーをいれるとそれだけあって

一味違った高級感あふれるカレーです。

ゴールデンカレー(S&B)

35種類ものスパイスが配合されていて

程よいスパイスを楽しめます。

プレミアム熟カレー(グリコ)

スパイスを500時間熟成し

2段熟カレーをバージョンアップさせた絶妙な味は

実力カレールーです。

ジャワカレー(ハウス食品)

ローストオニオンとフライドオニオンが入っている

家庭カレールーの定番です。

こくまろカレー(ハウス食品)

あめ色玉ねぎと乳製品がブレンドされている、

まろやかルーが人気です。

バーモントカレー(ハウス食品)

リンゴとハチミツが入った定番中の定番カレールーです。

わが家は、このルーをベースに、

ケチャップやヨーグルトをミックスしたり

オリジナルルーで食べています。

市販のルーを何種類かミックスしてる家庭も多いですよね。

カレーを作る時のポイント

1、じゃがいも、人参が硬くないかを確認。

特に人参は中が生の場合があるので、

串で刺して確認するといいです。

2、ルウを入れた後は焦げに注意。

ルウを入れるとそこが焦げ付きやすくなるので

常にゆっくり混ぜておくといいですよ。

3、ルウをよく溶かす。

ルウが溶け切っていないと味に差が出てしまいます。

固形のルウの場合には特に

溶け残りがないように気をつけましょう。

4、しっかりアクを取る。

アクを取らないと苦みや臭みが出てしまう事があるので

しっかりアクを取りましょう。

ポイントをしっかり抑えて

美味しいカレーを作りましょう。

学びとまとめ

今更聞けないカレーの順番、作り方はわかりましたか?

順番をおさらいしてまとめるみると、

具材を切る→玉ねぎを炒める

→肉を炒める→その他の野菜を炒める

水を入れる→煮込む→ルウを入れる→煮込む

といった順番で作ると美味しくできます。

時短で作りたい場合には

じゃがいも人参をレンジで温めておく事で

煮込む時間を半分程度に抑えることができるので

是非試してみてください。

カレーを作るポイントをしっかり抑えて

美味しいカレーを作ってください。

【関連記事】

あさいちバターチキンカレーにヨーグルト?トマト缶酸っぱくない?

【あさイチ】甘酒カレーは超旨!寒天入れて、時短片づけ?

ハマグリの酒蒸しが開かない!レンジで簡単な作り方をご紹介

おにぎらずは食べにくい?崩れを防ぐ作り方のコツはコレ!

 

 

スポンサーリンク