ママにとっても子どもさんにとっても保育園や幼稚園の

「卒園式」は大きな節目になる行事ですよね。

あんなに小さかったわが子がもう卒園かと思うと、

胸にジーンとくるものがあります。

ですが、卒園式の服装が決まっても悩んでしまうのが、

コサージュだと思います。

「コサージュってやっぱり必要なの?」

「コサージュはどこに付ければいいの?」

今回は、そんなママの疑問を解決していきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

卒園式にコサージュは必要?

最近では、ネットなどで

「卒園式などにコサージュを付けるのはダサい」

「卒園式のスーツにコサージュはおかしい」

という意見を見かけることも多くなりました。

その中でも、

「本当に卒園式でコサージュをつけても大丈夫?」

「周りから浮かない?」

と心配される方もいるかもしれません。

ですが、

現実のところ卒園式にコサージュをつけるママは結構多いんです。

 

コサージュのメリット

卒園式は、華やかな入園式や入学式と違って

どうしても黒・紺色系スーツが多くなるので、

コサージュ等のアクセサリー類をつけた方が

ママのお顔立ちも華やかな印象になります。

もちろん、コサージュを付けない保護者の方もいるようですが、

やはり全体的に地味な印象になってしまいますよね。

おしゃれ番長のママなら、きっとコサージュも視野に入れた

卒園式コーデで来られると思いますし、

付けたほうが女性らしい華やかなイメージになりますよ。

浮いてしまわないkしら?と不安になったとしても、

大丈夫です、堂々と付けて行きましょう。

コサージュの色

卒園式のスーツなどを着るとどうしても、

ブラックやネイビー、グレー等の濃い色のスーツを着るママが多いですよね。

ですので、卒園式では明るい色のコサージュを選ぶのがベストです。

ホワイトやオフホワイト、ベージュや薄いピンク、

サーモンピンクや薄いブルー、白に近いシルバーや薄いパープルなど、

明るくて淡い色を選ぶと、スーツの色が何色でも似合いますので、

気に入ったデザインのコサージュを選ぶと良いですよ。

 

もし、スーツに合うコサージュが分からない場合は、

スーツをスマホなどで写真を撮ってからお店の店員さんなどに

「卒園式用で、このスーツに合うコサージュを探しているのですが。」

と伝えると、あなたにピッタリのコサージュを選んでくれますよ。

迷いすぎて、黒系のコサージュになってしまった場合には

「喪」を意味しますので、卒園式や入学式といったお祝い事で付けるのは

NGになってしまいますので、つけないほうがよいかと思います。

人によっては、卒園式ではなく、「お葬式」を連想してしまうので、

素直に明るい色のコサージュを付けるのがおすすめですよ。

コサージュをつける位置

スーツの左右どちらに付けるか悩みますよね。

コサージュを付ける場所には「絶対にコレ」

という正しい決まりはないのです。

ですので、左右どちらに

コサージュをつけても大丈夫ですよ。

自分の左側

一般的には自分の左側にコサージュをつける事が多く、

人の視線は右側に行くので、

左胸にコサージュを付けた方が自然とコサージュに視線が集まり、

見る人に、華やかな印象を与えます。

胸の上で、鎖骨あたりの高さにつけると、

見る人の視線の集まる場所が高くなるので、

顔が、シャープなラインに見えます。

 

ジャケットは襟の2段目

また、ジャケットなどにつける場合は、襟の2段目のところにつけましょう。

襟がちいさい場合は、無理に襟にはつけず、

ちょうど胸の上、鎖骨あたりにくるようにつけてあげましょう。

そして、薄い生地のお洋服に付ける場合は

穴が開いてしまわないかとビクビクしちゃいますよね。

そんなときは、裏にあて布をして、お洋服が痛むのを防ぎましょう。

 

学びとまとめ

卒園式のスーツは黒系が多いので、

コサージュをつけた方が華やかな印象にもなるので、おすすめですよ。

卒園式は子どもさんにとっても、保護者の方にとっても、

一生の思い出になる写真を残しますので、

ぜひ素敵なコサージュをつけて、卒園式の良い思い出を作ってくださいね。

【関連記事】

幼稚園卒園式2018!バックの色は?ベージュは小物とコーデ!

 

 

スポンサーリンク