小学生のジュニア期に、少年団でサッカーを頑張っていた子は、

中学生になるときにいくつかのサッカー進路を選択することになります。

大きな目標をもつ子はJのジュニアユースのセレクションを受けたり、

また地元のクラブチームへの入団したり、

進学した学校で部活動に入るという選択肢もあります。

J下部のジュニアユースの費用は把握できても、

クラブチームは全く表にでないのでわかりません。

いったいどのくらい諸経費がかかるものなのでしょうか?

ユニホームや練習着などの初期費用の他に

どれくらい費用がかかるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

クラブチームの月謝

月謝ですが地域によって多少異なりますが、

おおよそ1万円前後というのが相場のようです。

1か月の月謝はおよそ6,000~10,000あたりでしょう。

よって、(1万×12か月)×3年=36万円

月謝だけでジュニアユース時代は、

36万円前後もかかることになります。

クラブの食事代

ジュニアユース世代は、なんといっても体づくりの時期です。

練習後の早いうちに食事をとること

疲労回復もはやく筋肉破壊も阻止できます。

そのため練習後に食事をとるクラブあり、

別途実費がかかります。

クラブチームのユニフォーム代

ユニフォーム代金は、部活動でもそうかわらないかと思いますが、

体操服ですむ練習着なども必要となってくることもあるでしょう。

ユニフォームは正ユニフォーム、サブユニフォーム、練習着のほか、

ピステ、ジャージ、バックなど備品も含めて

80,000~100,000円

くらいが当初必要になってきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

クラブチームの遠征

そして各クラブチームによって

費用の格差が大きいと言えるのは遠征費です。

合宿は1回につき3~5万円位かかり、

年間1,2回はあるとして、3年間で24万くらい、

クラブによって海外遠征があれば何十万円もの

費用がかかってきます。

月謝とは別に年会費が必要なクラブもありますので、

よく確認する必要があるでしょう。

クラブチームの交通費

普段の交通費もあなどれません。

週数日通う練習には、それぞれの練習場まで通う

往復の交通費がかかります。

中学生からは大人運賃の定期券が必要です。

ここでポイントは、クラブチームの練習に通うのには

通学定期が使えません。

通勤定期扱いになります。

加えて、週末は遠征や練習試合で普段よりも遠方へ

交通費がプラスになるでしょう。

クラブチームの費用総額

年間で考えると、スパイクやソックスなどの

消耗品もかなりかかりますので、出費はさらにかさみます。

それを含めてのクラブチームだと100万くらいの諸費用が

発生することも忘れないでおくべきでしょう。

サッカー進路

おおよそジュニアユースのセレクションは、

JFAアカデミー ➡J下部 ➡街クラブ

の順番で行われます。

何を目的にクラブに入団するのかを見失わずに、

子どもにとってベストの選択となる

クラブを冷静に見極めましょう。

学びとまとめ

サッカー少年は他のスポーツ少年にくらべて、

クラブや部活、街のフットサル場など、

選択肢が用意されれいるので

非常に恵まれた環境にあるでしょう。

ただし、部活動に比べると、

ジュニアユースのクラブチームは

比較にならないくらいほど費用がかかります。

小学6年生のサッカー少年とその保護者にとっては、

中学生以降のサッカーをどこでやるか本当に悩むところです。

【関連記事】

サッカー卒団式2017に贈る言葉の例文と贈答アイデア!

サッカー卒団式(2017)曲、流すおすすめベスト10選!

卒団式(2017)式次第の書き方!基本パターンから個性を出そう

久保建英君Jデビューはいつ?長野か相模原か?天才はどう作られた?

サッカー日本代表2017メンバーの血液型!今回はB型はいる?

 

 

スポンサーリンク