3bb7b182ab0396d2a574c54a6ae57260_s

授乳期を終えたママは、普通のブラジャーにもどろうとしたら

金属ワイヤーの窮屈な締めつけ感に、

違和感を覚えることがありませんか?

最近は、煩わしいブラジャーをつけなくても

ブラジャーのかわりになる

カップ付インナーが手離せない人が多いです。

でも、気になる胸のたるみは心配ですよね。

そんなあなたに朗報です。

 

スポンサーリンク

 

カップ付きインナー

カップ付インナーは、

その名のとおりインナーとブラジャーが一体化したものです。

基本ゴムなので、

下着なんだけど普段着のような感覚で着用できるので、

なんといっても楽だということが最大のメリットです。

また、授乳するとも便利ですね。

毎日着けたいのはやまやまだけど、

女性的にさぼっちゃいけない感があって外出時はブラジャー

に切り替えるという方も多いかもしれません。

カップ付きインナーの悩み

カップ付きインナー愛用者には、

つきまとう悩みがあります。

カップ付インナーには、

ブラジャーにあるような補正機能がそなわっていなため

胸が垂れてしまうのではないかと、

このまま胸の垂がどんどん進行してしまうのではないのという

悩みと不安がつきまというます。

胸が垂れる原因

ここで、乳腺外科医の土井卓子先生が

胸が垂れる原因はについてお話くださいました。

胸は、乳腺と脂肪とクーパーじん帯でできています。

20代の若い女性の胸は、胸をささえる乳腺がとても発達していますので、

硬さがあり、脂肪が薄いので張りがあります。

加齢にともなって、若いころに胸を支えてきた乳腺の組織が

徐々に脂肪にかわっていくので重みに耐えられず下垂がすすみ、

やわらかいふにゃふにゃになってしまうんですね。

ですので、ある程度支える力のある下着を着用していれば、

カップ付インナーでも胸の垂れには関係ないとのことでした。

カップ付インナーの盲点

カップ付インナーの意外な盲点がありました。

カップ付インナーには2種類あって、

背中までゴムがまわっているものと、

背中にはゴムも支えるものもなにもなく

前面の胸部分にだけカップがついているものだと、

支える力がまったく働かないため

ブラジャーをつけていない自然の状態と同じになるので、

胸の垂れを加速してしまうカップ付インナーを選ぶときは、

背中までゴムがまわっているタイプを選びましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

カップ付インナーもバストアップ

カップ付インナーの弱点は、

なんといってもブラジャーと違って補正機能が弱いため

バストトップの位置がどうしても数センチさがってしまいますよね?

カップつきインナーをきている人は、

1週間あることをするだけで 2,3センチあがるマジック

がありました。

スポーツドクター中村格子さんが教えてくれたのは、

バストアップするには、実は、姿勢だったんです。

スポーツドクター中村格子さん

代官山で整形外科クリニックDr.KAKUKO スポーツ クリニックの整形外科医であり、

医学博士・スポーツドクターとして、活躍されています。

中村格子さんは、2週間でウエストダウンできるツンツン体操の考案者です。

以前、このツンツン体操にお笑いタレントが挑戦して

1週間でウエストが-5cmとくびれて話題になりましたね。

 

Dr.KAKKOのツンツンくびれ体操【電子書籍】[ 中村格子 ]

 

よい姿勢で正しく座る

美しい姿勢のプロでもある中村格子さんが、

バストトップがあがる姿勢を伝授してくれました。

座ったときに、座面にあたるおしりの骨、

坐骨をまっすぐに立てて座ると正しい姿勢になります。

猫背や反り腰になっていると坐骨はまっすぐに立ちませんので、

バストトップの位置も下がります。

よい姿勢で正しく座ると、

バストトップがいちばん高い正しい姿勢になります。

正しい姿勢を維持するエクササイズ

大胸筋、菱形(りょうけい)筋、僧帽筋を鍛えることによって、

正しい姿勢が自然と維持出来ます。

大胸筋は、嫌な脇のハミ肉も引き締めてくれます。

  1. 耳の後ろで手を組む
  2. 息を吸いながらゆっくり開く
  3. 息を吐きながらゆっくり閉じる

 

この運動を1セット5回、1日3回ほど頑張りましょう。

デコルテエクササイズ

女性らしさといえばデコルテ、

いつまでも美しいデコルテでいたいので、

デコルテを引き締めるエクササイズも教えてくださいました。

  1. 腕を耳の後ろで組む
  2. 組んだままあごを上げる
  3. 「いー」と言いながら口角を引き上げる

 

このエクササイズも1セット5回、

1日3回ほどチャレンジしてみましょう。

鎖骨の下にシールをはると、

自分の筋肉の動きが見えるので、わかりやすいですよ。

正しい姿勢を維持できない

胸郭を360°広げるイメージで息を吸うと、

正しい姿勢のまま呼吸がしやすくなります。

姿勢が悪いと呼吸もしにくいというわけです。

学びとまとめ

ついつい楽なカップ付インナーで日々すごしていたママや、

女性にとってはとても嬉しい朗報ですね。

バストアップのためだけではなく、

正しい姿勢を保つことは体の老化防止にもとても大切ですので、

ぜひこのエクササイズを頑張ってみましょう。

でも、美を意識することはとても大切なので

ブラジャーの正しい選び方も学んでいきましょう。

【関連記事】

【あさイチ】ブラジャーサイズ合わず痛い時、測り方をお店で見直し

【Rの法則】ドローインで腹筋女子?!たった一週間で効果あり?

【あさイチ】メイク更年期にかかせない眉の黄金比とピンクチーク

更年期症状手足に違和感が感じて不思議?胸の痛み関係ある?

月経周期が短いのは、更年期症状の初期に入ってる?

 

スポンサーリンク