12月13日火曜日放送の林修の今でしょ講座では、

まだ2017年の年賀状に間に合う美文字が書ける

5つの法則講座がありました。

きれいな美文字、かっこいい字には、

すべて理由、法則があったのです。

年賀状シーズンが到来した今、ぜひ学んでいきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

書道家 武田双雲

特別講座をしてくれたのは、

あの大河ドラマ天地人の題字も手掛けた武田双雲先生です。

あのダイナミックな手法で書かれる字は、

見る人圧倒しますよね。

なんと武田先生は、小学1年生のときに、

クラス中の友達のひらがなをあつめて

分析して研究してた自称字のオタクだったんです。

こんな小さなときから字への探求心があったんですね。

この度、武田先生が初めて惜しみなく明かしてくれた、

テクニックを見ていきましょう。

プロっぽくなる5つのテクニック

あたなが長い間書いてきたくせのある字も

すぐにプロっぽくなります。

決め三角の法則

書道家は漢字で決めポースをとっているので、

かっこよく文字を書くには、

港、様、の感じは左右対称になりがちですが、

へんとつくりで左右に分かれて構成される漢字なら

どんな字でも応用します。

決め三角の法則

  • 三角形を意識する
  • 左のへんを小さく書く
  • 右のつくりを大きく書く

モデル体型の法則

モデルは、かおが小さくて、足がながいという

スタイルのよさが美しいと感じるように、

字にもモデルと同じ美的感覚が使えます。

モデル体型の法則

  • 上下のパーツを2:3の比率で書く
  • 中心部分にクビレをつくって書く

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

メリハリの法則

文章を書くときの全体のバランスの法則なので、

田や、口の様な画数が少ない四角い形の漢字を

小さく書くと文章全体が美しくなります。

メリハリの法則

四角い形の漢字は小さめに書く

おしゃれ線の法則

結婚式の祝儀袋や香典をかくときに

筆ペンが登場しますが、普段からなかなか使わないために

苦手な人は多いと思います。

ひらがなの「し」などは、きれいに書くというより、

かっこよくきれいに見せるにはあえてくずして書きます。

おしゃれ線の法則

  • 使いすぎは逆効果
  • 1つの文章に1~2箇所が目安

かすれの法則

かすれはプロだけと思っていたあなた、

筆ペンを使っても簡単にかすれが出せます。

墨の供給がへらすために

筆ペンをかたむけるとかすれを

コントロールできるようになります。

かすれの法則

筆ペンを傾けるとかすれる

学びとまとめ

字は性格が丸見えになると言われています。

このたび書道家の武田双雲先生が伝授していただいた技は、

年賀状でも、お礼状でも一生使えるテクニックですので、

ぜひ習得しておきたいですね。

美文字のママは、きっと子供たちの鏡です。

これで、今日からあなたも美文字達人です。

【関連文字】

年賀状は筆ペンで!2017年書き方のコツと練習ポイント

喪中はがきは薄墨で宛名を書く?切手の色や種類のマナーは?

お歳暮(2016)をいただいたら、忘れないうちにお礼状を出そう

書き初め用紙サイズの違いは?イオンやダイソーで買える?

 

 

スポンサーリンク