離乳食時期からよく子供たちはバナナを口にします。

大きくなってからも、朝食にバナナを食べて学校に出かけたり

時間がないときの補食に食べる人は多いのではないでしょうか?

でも、バナナを食べて体の調子が悪くなったという人も

たまに耳にしますが

実はバナナにもアレルギーがあるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

バナナアレルギーの症状

バナナアレルギーの症状といっても、

軽症の場合と、食べてから腹痛や胃痛から

口の周りが痒くなったり、

舌や喉がしびれたりはれたような痛みがあります。

まれですが、重症の場合

  • 蕁麻
  • 酷い下痢による腹痛
  • 手荒れによる痒み
  • 皮膚の炎症
  • 喉がはれて呼吸困難
  • アナフィラキシーのショック症状

バナナにアレルギーがあると知らない場合は、

軽症ですむと思いつかない事もあるので注意が必要でしょう。

バナナアレルギーは何科?

バナナを食べて何らかのアレルギー症状が出たら

診察してアレルギーの検査をしてもらいましょう。

内科、アレルギー科の専門医がいる病院がいいでしょう。

一般的な血液検査や、パッチテストなどで

アレルギー成分を調べてテストします。

アトピーの人は注意が必要

アトピーで今まであまり気にせずバナナを食べている人は、

食べた後の身体の変化を注意してみるといいと思います。

バナナアレルギー対処方法

バナナアレルギーの一番の対処法はバナナを食べないことです。

更におかしや、スイーツなどに含まれている

バナナ成分を意識して避ける事です。

バナナの質を選ぶ

この対処法以外に、できることとすれば

バナナの質を選びましょう。

国産のバナナまたは、有機栽培のものを選びましょう。

輸入バナナにはアレルギーを引き起こす可能性が高くなりますので

注意が必要です。

バナナを加熱する

バナナのアレルギーにかかわるタンパク質は

加熱によっても壊れにくい、消化されにくいので

加熱時間を長めにしてください。

ある一定度加熱すれば大丈夫という人もいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

バナナアレルギーは治る?

バナナアレルギーのような

食物アレルギーは治すことができるのでしょうか。

アレルギーを治すという根本的な治療はなく

体質そのものを改善する必要があるといえるでしょう。

経口免疫療法

体質を変える対策として最近経口免疫療法という治療法があります。

じゅうぶんな医師の管理下のもとにおいて、

症状が出る量を基準とし少しずつ食べる量を増やしていき、

アレルギーに対する耐性を身につけるという治療法です。

この治療法にはアレルギーの食品を食べなければならないので、

リスクもはらんでいるのです、慎重かつ大きな注意が必要です。

学びとまとめ

小さな頃からたくさんバナナを食べてきた子供は

バナナアレルギーになりやすいと言われています。

食べ物アレルギーから始まって

ぜんそくなどの呼吸器アレルギー、アトピーや蕁麻疹、

花粉症などアレルギーは連鎖していきます。

消化器官がまだ未熟な子供に間に不用意に食べさせすぎて

バナナアレルギーや、

アレルギー体質そのものにしないように気を付けましょう。

【関連記事】

豆腐アレルギー症状は?離乳食初期に豆腐はいつから?

赤ちゃんの咳は風邪じゃない?!アレルギーにも注意して!

離乳食の初期の野菜と量はどれくらい?おすすめ献立例5選

赤ちゃんの離乳食を食べないよくあるお悩みをスバリ解決

 

 

スポンサーリンク