8c883f511ef33758adf923afd62e2090_s

 

12月5日月曜日放送のあさイチでは、

甘酒の驚くべき効果がテーマでしたが

最近はスーパーでお手軽に甘酒ですが、

あなたの家庭でも簡単に作れるんです。

なんといっても、生の甘酒を作ることで

沢山の健康美容効果を最大限に

身体に摂り入れることができるのです。

甘酒を一度でも自宅で作ってみようと考えていた人には、

ぜひ手作りをおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

甘酒の作り方

発酵料理研究家の館野真知子さんが

家庭でできる甘酒の作り方を教えてくれました。

材料

  • 麹(生か乾燥したもの)

作り方

もち米をつかっておかゆをつくります。

普通のお米を使うとさらりとした味の甘酒になり、

もち米を使うと甘みとコクがでます。

お好みで使い分けてください。

 

炊飯器のおかゆモードでもち米で1/2合炊きます。

水と麹の比率

水と麹を比率に従って、混ぜ合わせていきます。

乾燥麹の場合は、水:乾燥麹=2:1の割合にします。

ちなみに生の場合は、水:生麹=1:1にします。

 

おかゆが炊き上がったら、

水100mlを入れ、ほぐした乾燥米麹乾燥70gをいれよくまぜる

 

水と米麹をまぜると、

ちょうど甘酒作りに適した温度である60℃になります。

温度が高すぎると、麹が生み出す酵素の活動が止まってしまう

ので、甘くなりにくくなりますので注意しましょう。

 

あらかじめ熱湯を入れ、あたためておいた保温ポットにいれます。

少ないと冷めやすくなるので、ポイントはしっかりした量をいれます。

このとき、フタを少しだけずらしておく

発酵中にガスが発生したときの逃げ道をつくっておきます。

そして、8時間放置します。

冬場は4時間くらいで一度なべで加熱します。

 

スポンサーリンク

 

 

温度管理を徹底

ここで発酵器をつかっていってもいいでしょう。

発酵器の温度を60℃に設定し、

保温時間を4時間にセットします。

甘酒の保管

ここまで出来上がったら、甘酒をじゅうぶんに冷ましてください。

冷まし終わったら冷蔵庫で保存しましょう。

一度作った生の甘酒はビンなどに小分けに入れて

1週間以内に使いきるようにしてください。

甘酒は冷凍保存もできる

甘酒は冷凍保存もできます。

ジッパーに入れて、空気をぬいて平らにして

冷凍庫で1-2か月ほど保存します。

甘酒の糖度が高いので、

カチカチに凍らないので使うたびに

割り削るように便利に使えます。

 

甘酒の活用

いちご甘酒シャーベット

甘酒を冷凍するときにフルーツをいれて、

果肉が残る程度につぶして冷凍するだけ

甘酒入りパン

パン作りの過程の水の分量のところを

甘酒におきかえます。

しっとりしたフワフワなパンが焼きあがります。

甘酒ラテ

あさイチに寄せられたアイデアで、

部活前にミルクと甘酒で作った甘酒ラテ

学びとまとめ

甘酒は炊飯器で簡単に作る方法をご紹介いたしましが

目的外使用なので、くれぐれも自己責任でお願いしますね。

昔は祖母がこたつのなかで作っていたような気がします。

お正月だけの飲み物ではないスーパードリンクの甘酒を

家庭で作ってみませんか?

【関連記事】

【あさイチ】甘酒は豆乳にプラスして毎日飲めば美容液知らず

 

 

スポンサーリンク