9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

ジリジリと暑い夏、大人でも厳しい暑さはつらいもの、

赤ちゃんだけでも少しでも快適に過ごさせてあげたいものです。

赤ちゃんを暑さから乗り切る工夫が

アダにならないような

ママのお世話を心がけてあげましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

赤ちゃんの夏服、室内は肌着1枚

夏になると、赤ちゃんに何枚まで着せればいいか、

悩みどころですよね。

室温が低かったり、風が直接当たるようならば

体を冷やさないために

もう1枚羽織っていてもいいかもしれませんが、

基本的に、大人がTシャツ1枚で動くと汗ばむ気温ならば、

赤ちゃんは基本ボディスーツタイプの肌着1枚で十分でしょう。

必要以上に着込ますと、あせもの原因にもなります。

 

赤ちゃんの夏のあせも対策!正しいケアと予防ですこやかを守ろう

新生児の夏服

新生児の赤ちゃんは自分での体温調節がうまく出来ないうえに、

活発な全身の動きも少ないので、

大人より1枚多く着せるあがるようにしましょう。

新生児におすすめは、

真夏でも半袖じゃなく、薄手の短肌着に

7分袖のツーウェイオールがいいでしょう。

赤ちゃんの体温調節ポイント

乳幼児期である2歳頃までの赤ちゃんは、

大人のように、汗をかいたら体温を下げたりというような

自分で体温調整できる機能が未熟で発達していません。

暑ければ、体温はどんどん上昇します。

逆に寒ければ体温はどんどん下降し、

安易に風邪を引く原因になってしまいます。

 

低月齢の赤ちゃんは、

寒くても泣かないことがありますので、

下記のようにいくつか様子を観察しながら

赤ちゃんの肌着の枚数を調整していきましょう。

赤ちゃんのチェックポイント

  • 顔色が白っぽくないか
  • 唇が青っぽくないか
  • 手足が冷たくないか

赤ちゃんの夏服の着せ方

肌着+ブランケット

肌着一枚ですごし、

ねんねやおでかけはブランケットで

おくるみがわりにしてもいいですね。

ロンパース1枚

おへそまでの長さしかない半袖肌着は、

おなかの冷えがとっても心配なものです。

ロンパースなら股下でとめれるので、

おなかも守ってくれて、夏はこれ1枚きりでバッチリです。

キャミソール(またはランニング)+おむつ(またはブルマ)

肩をだすキャミソールやノースリーブタイプは、

冷えて体調をくずしがちになります。

うすいケーディガンを着せて調節できるいいですね。

腹巻

寝冷えが心配で使ってしまいがちですが、

おむつもしているのでおなかまわりに

あせもができる原因になりかねませんので、注意しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

カバーオールの下

カバーオールは裏に縫い目とかありますが、

赤ちゃんが肌荒れしたりタグさえ嫌がらなければ

一枚で着せても大丈夫だと思います。

カバーオールの下に着るとしたら

 

それでも、カバーオールの下に着せるとしたら

短肌着や、キャミソールタイプのロンパースになるかもしれませんが、

カバーオールの生地が厚いのが多いので

夏の暑い日はかなり汗びっしょりになってしまいますので、

注意していましょう。

 

汗の吸い取り対策

カバーオールを一枚で着せるにあたって、

汗の吸い取りが心配ならば

背中にガーゼをいれておいてもいいでしょう。

 

暑さ対策の落とし穴

エアコンは、ほどよい常温設定なら

体に負担がかかるということはありませんので、

一定の室温をキープして

快適な室内で過ごすほうが負担になりません。

暑さに弱い赤ちゃんのほてり感じをひかせるためや、

あせも対策にジェルタイプの冷えるシーツや

氷枕は使うのはいいかもしれませんね。

ただし、寝返りもできない自分で動けない

ねんね時期の赤ちゃんに使うのは避けましょう。

”冷たい”と感じても自分で避ける事ができないからです。

また、おでこなどに貼る冷却シートは

口や鼻にピタッとくっついて窒息するケースもあるので

低月齢の間は使わないほうが安全です。

学びとまとめ

赤ちゃんの肌着や着せ方で当っている間違っているかではなく、

赤ちゃんが快適に過ごせるようにママが調整してあげたらいいでしょう。

暑い夏、快適に過ごさせてあげることも大切ですが、

長期的に考えて適応能力を養うために多少汗をかいたり、

エアコンがない時間を過ごしたりできるよう

様子をみながら臨機応変なお世話を心がけましょう。

【関連記事】

赤ちゃんグッズで寝かしつけ&泣きやませおすすめ人気アイテム

新生児はいつまで?赤ちゃんの一日の理想的過ごし方の見本

赤ちゃんがパパとママだと認識するのはいつから?パパは遊び上手

赤ちゃんの夜中の授乳はいつまで必要?ママにもメリットがあるの?

 

スポンサーリンク