50839b9cd8723a853863dac23ce755d5_s

大人でも痰が絡んだ不快さは、咳払いなど自力で出せますが、

赤ちゃんにとっては、どうすることもできませんので、

ゲホゲホ苦しむだけです。

ひとたび風邪をひいてしまい

咳をこじらせて痰がからまってしまったら、

夜も寝付けず、絡んだ痰をとって

すっきりさせてあげたくなります。

そこで、少しでも赤ちゃんの痰を緩和させてあげる方法や、

注意点などをまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

赤ちゃんと痰

大人は自力で痰をだせるので、深刻には考えませんが、

赤ちゃんにとっては呼吸困難に陥り死活問題となる恐ろしい症状です。

特に、気道が狭まった所へ大量に痰が出てくると、

窒息死する可能性があるので十分注意しておく必要があります。

私たちは痰がからむと不快に感じますが、

痰は、肺や気管支など呼吸器系器官で作られる粘液で、

外部から侵入してきたホコリやゴミをからめとって、

体外に排出しているので、健康には不可欠で、重要な役目を果たしてくれています。

痰の絡む咳は、多くは風邪を引いていることが多いものです。

風邪を引くと、咳に痰が絡まりやすくなりますが、

うまく痰が出せない赤ちゃんは、度々痰をゴクリと飲んでしまうことがあります。

ウィルスや菌が混じった痰なので心配になる方もいらっしゃると思いますが

痰を飲み込んでしまっても基本的に症状が悪化することはありません。

強い胃液で処理されてしまうため、

風邪のウィルスや菌が体内で暴れる可能性は低いと考えてもいいでしょう。

赤ちゃんの痰の対処法

どうしたら痰が出てくるのか模索しているお母さんも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの痰を出しやすくするのには、さまざまな方法があります。

1.水分を多めにとること

喉が乾燥している状態だと痰が出にくくなるため、

母乳やミルク、白湯などを与えて喉を潤しておくようにしましょう。

水分をとると、痰の粘り気が弱まり出やすくなります。

白湯や麦茶、または母乳などを哺乳瓶に入れると飲みやすくなります。

冷たい水分は気管を収縮してしまって痰が絡みやすくなるので、

常温をおすすめします。水分を摂取すると、数分のうちに痰が発生してきますが、

乾いた状態よりも出やすくなるでしょう。

2.部屋を加湿すること

湿度が低く、喉が乾燥した状態だと痰の粘り気がますので、

部屋の湿度を40~60%くらいい十分に加湿するようにしましょう。

空気が乾燥していると、新たな風邪のウィルスや菌にも感染しやすくなりますし、

鼻や喉の粘膜を傷めてしまう可能性もあるので、

加湿器を準備したり、室内に洗濯物を干したりすることで、

湿度を上げることができます。

3.タッピング(背中を叩く)

縦に抱っこ背中をトントン 痰の移動について

赤ちゃんの痰をスムーズに出したいなら、痰を少しずつ動かしていきましょう。

縦に抱っこして、背中をトントンと軽く叩いてあげるようにしてください。

手のひらをお椀のような形にして叩くと、振動が伝わりやすくなります。

何度もトントンとたたいていくことで、痰が少しずつ動いていき、外に出やすくなります。

寝ているときは、横向きにして背中をトントンさせてあげるようにしましょう。

仰向けの状態なら、胸を軽くトントンするか、さすってあげるのも効果的なのでOKです。

4.姿勢を変えてみる

寝ている姿勢を少し変えてあげるようにしましょう。

上体を起こしてあげると、気管や肺を圧迫せずに痰が出やすくなります。

上半身に角度をつけることで、咳が治まりやすくなりますし、

仰向けの状態だと咳が出やすくなるため首が座っている状態の赤ちゃんなら、

クッションや布団などを上半身の下に引いて少し傾斜をつけ横向きに

寝かせてあげると呼吸が楽になります。

おまけの裏技~アメリカの小児科では~

赤ちゃんがゴホッと咳をした時にサッと大人の膝の上にうつぶせに乗せ、

背中のみぞおちの裏あたりをトンって叩きます。

食べ物を詰まらせた時の対処法に似ています。

脚より頭の方が少し下になるようにします。

イメージは、降下して飛んでるスーパーマンみたいな格好になります。

淡がゴボっと出ますよ。

赤ちゃん痰の色には注意

風邪を引いているときの赤ちゃんの痰は、普通ですと、色がかった色をしていたり、

クリーム色、黄土色であったりすることが多いです。

これは、風邪のウィルスや菌、

死滅した白血球などが含まれている証拠です。

しかし、吐き出した痰の色が濃い緑色だと、

蓄膿症や、緑膿菌に感染した可能性があります。

また赤い色が混じっている場合は、

喉の粘膜が傷ついて出血しているか、

胃腸の病気が関係している恐れもありますので、

すぐに診察に行きましょう。

学びとまとめ

赤ちゃんの痰は、悪化してしまうとなかなか出づらくなってきます。

赤ちゃんは、あっという間に症状が悪化してしまうことも

あるので注意しましょう。

そして何より、風邪を悪化させず、痰が絡まないようにするためには

早期に診察して、悪化させないように気をつけましょう。

【関連記事】

赤ちゃんの咳は風邪じゃない?!アレルギーにも注意して!

赤ちゃんがパパとママだと認識するのはいつから?パパは遊び上手

赤ちゃんの夜中の授乳はいつまで必要?ママにもメリットがあるの?

赤ちゃんに歯が生え始める兆候は?乳歯の虫歯予防対策

 

 

スポンサーリンク