7414d30695d9ede5e2e695bbbea99de7_s

赤ちゃんは生後3ヶ月頃からよだれが多くなってきますが、

それと同時に、口のまわりやほっぺ、

あごの下や首などのかぶれも出てきますよね。

個人差はありますが、よだれの多い赤ちゃんは

常時よだれが垂れている状態となるので、

あごが赤くカサカサかぶれたり、

ほっぺたにポツポツと発疹が出たりします。

赤ちゃんの肌を健やかに守るためには、

自宅でどのようなケアをしたらいいのか

ケアと対処法をご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

赤ちゃんはかぶれやすい

赤ちゃんの肌は皮膚が弱く、ちょっとした刺激で、

かぶれやすく、プツプツができやすくなります。

特によだれが多い子や離乳食が始まった子どもさんは、

よだれや食べかすがついたまま放っておくとかぶれやすくなります。

湿疹が痒くて掻いてしまう子や触るだけでただれてしまう子もいます。

また、よだれを吸収する目的でスタイ(よだれかけ)などを着けていて、

首やあごの下がすれてかぶれてしまう子もいますし、

冬場は乾燥しがちですので余計に湿疹などが起きやすくなります。

ただれやかぶれなどをそのままにしておくと、

やけどのように見えたり、アトピーに見えたりします。

見た目も痛々しいですし、可哀想ですよね。

子どもさん自身も痒がったりすることもあるので

早めに対処するようにしましょう。

赤ちゃんかぶれ予防

かぶれ予防

赤ちゃんをかぶれにくく予防するには、

よだれや食べかすなどを放っておかず、

こまめに拭き取ってあげて、

清潔にしてあげる事が一番です。

拭き取りのポイント

乾いたタオルや、ティッシュなどでただ拭いてあげるだけではなく、

ガーゼをぬるま湯に浸したもので拭いてあげたほうが

摩擦がすくなくすみますので、

肌荒れが防げるでしょう。

こするように拭くのではなく、

ガーゼやタオルなど優しくそっとを押し付けるような

拭きかたを心揚げるといいでしょう。

保湿で予防

そして、拭き取った後にワセリンや白色ワセリンなどの

保湿剤を塗ってあげると乾燥も防げますし、

よだれなどのかぶれも防ぐことがせきますよ。

このワセリンなどを塗る時も、

女性の方などがお風呂上がりの時などにしているように、

最初に水分を肌に入れるか、肌を少し濡らしてあげます。

その上から蓋をするようにワセリンを塗ってあげると、

より保湿力も高まります。

かぶれなどがひどい時やなかなか治まらない時には

かかりつけの小児科や皮膚科などの専門医療機関の受診をおすすめします。

赤ちゃんの肌は日々変化します。

季節によってあせもやひび割れなど、心配がつきませんね。

毎日お風呂のお湯はぬるめに設定したり、

保湿効果のある入浴剤を選ぶなど簡単ケアを覚えておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ステロイド処方には注意

あまりにもかぶれやただれ、引っ掻き傷などが酷く、

病院を受診する場合には薬の成分に気をつけましょう。

小児科や皮膚科それぞれの医療機関で処方される薬は、

長期間塗るもの、短期間で塗るものがあり、

成分も変わってきます。

その塗り薬の成分の中でも

「ステロイド」というものが入っている薬には、注意しましょう。

ステロイドの副作用

もともと「ステロイド」は、

人の体内にある副腎皮質ホルモンをまねて

人工的に作られた薬のことをいいます。

一般的に心配されている副作用は、

皮膚が薄くなったり、体毛が濃くなったりするなど、

副腎皮質本来の働きを低下させてしまうことです。

副作用を以下のようにまとめてみました。

  • 免疫を抑える作用があるため細菌や真菌に感染しやすくなります。
  • 痛みや痒みがないので気づかない事が多いのですが、皮膚が萎縮して薄くなることがあります。
  • 男性ホルモンと同じような作用があるので塗った部分だけ毛が濃くなります。
  • 毛細血管がもろくなり、内出血を起こしやすくなります。
  • 一時的に赤み、腫れ、ほてりなどが強くなり、悪化する事もあります。

ステロイドを体の外から多用することで副作用が高くなりますので、

長期間塗って治す薬には「非ステロイド剤」で、

短期間塗って治す薬にはステロイド剤が入っている事が多いです。

このようにステロイドを塗る事で悪化してしまう可能性もありますし、

他の炎症を引き起こしてしまうこともありますので使用には注意しましょう。

受診する際に医師に相談してみるのもいいですね。

また、非ステロイド剤を処方してもらい、様子を見るのがよいのですが、

どうしてもステロイドを塗らないといけない場合は、

1日~2日程で少量ずつ塗ってあげるようにしましょう。

学びとまとめ

子どもさんの肌は弱く刺激を受けやすいので、

こまめにケアをしてあげましょう。

よだれが少ない子でもよだれかけなどで、

すれてしまう子もいますので気をつけてあげてくださいね。

痒がったりしている場合には、早めに受診することをおすすめします。

【関連記事】

赤ちゃん女の子のお股かぶれの原因はおむつの他にある?

【あさイチ】赤ちゃんの窒息の原因はタオルだけじゃなかった?!

赤ちゃん湿疹の原因と症状、しっかりケアしてカサカサ知らず

赤ちゃんのほっぺがいつも赤いのはなぜ?3つの理由

赤ちゃんの咳は風邪じゃない?!アレルギーにも注意して!

【チュビファースト】赤ちゃんに効果的な使い方とコツ

 

 

スポンサーリンク